女性の9割は「逆チョコ」がほしい!?


チョコレートを渡すシチュエーションも大事ですね
もうすぐバレンタイン・デーですね~♪
日本では、女性から男性に愛を告白してもよい日として、想いを込めたチョコレートを贈るのが基本の定番型ですが(応用は「義理チョコ」や「世話チョコ」)、最近はなんと「逆チョコ」というスタイルも現れたのだそう!?

森永製菓が08年1月に発表した「女と男のバレンタイン意識調査」(調査対象は20~30代の男女)によると、90.8%の女性が、本音として「もし貰えるものなら、バレンタイン時期に男性からチョコを貰ってみたい」という「逆チョコ」願望を抱いていることが分かりました。
さらに69.7%の女性が、自分にチョコを買う「Myチョコ」経験があり、また、ほぼ9割(89.6%)の女性が、彼や家族に贈ったチョコを自分も食べたことがあると答えているそうです。

実は私も、夫に贈ったチョコを食べた経験あり! だって、お裾分けしてくれるんですもん。素直にいただいちゃいました。たぶん、もともと自分が「食べたい!」と思うようなチョコを選んでいるから、味を見たかったのでしょうね。

また、バレンタイン前は、期間限定の特別なチョコが登場したりしますので、「Myチョコ」を買ってしまう気持ちも分かります。
私、これもやっていました……(苦笑) 

やっぱり女性もバレンタインにはチョコを食べたい!
世の男性諸氏、そしてご主人様方、今年は「逆チョコ」で、彼女や奥様を驚かせて(喜ばせて、か)みてはいかがでしょう?

>>欧米ではバレンタインといえば…?