スイス・コミュニティー


やがて、会場はお客様でいっぱいになりました。後で100名ほどとお聞きしましたが、日本人とスイス人の割合は半々くらいでしょうか。お子さん連れの方もいらっしゃいました。
陽射しがさんさんとふりそそぐ明るいお部屋での立食パーティー。外には和風庭園が眺められます。

ほどなく大使夫人のスピーチが始まりました。
スピーチは英語です。出席者全体の共通言語というと、英語になってしまうのでしょうね。
日本に住んでいるスイス人は、現在、都内に約1,000人、日本全体では1,400人ほどだそうです。大使館ではスイス・コミュニティーのために、証明書などの発行業務のほか、さまざまな支援活動やイベントを行っているとのことでした。

スイスのクリスマスには欠かせない「クリスマス・クッキー」も登場。あっという間に残り少なくなって……
続けて、スタッフの方から、さらに詳しい説明がありました。
イベントの中でも、8月1日のスイス・デー(スイスの建国記念日)は、参加者も多く、とても盛り上がる様子。来年はぜひ夫と出席してみたいと思っています。今回お友達になった方々のご主人様たちにもお会いしたいですしね。

共通の話題は楽し


こういう集まりがあると、楽しいのは“国際結婚”やら“夫はスイス人”やら、共通項のお話。二言三言だけで「あ~、そうそう、分かる分かる」みたいな雰囲気が、全体に広がるのです。

意外に多かったのが、あまり外に出たがらないとか、積極的に友達をつくろうとしない(数が多ければいいというわけではないという考え方のようです)というダンナ様。「ウチもよ~」という声がしきりでした。
そのほか、ご主人の出身地、好きな日本食、現在のライフスタイルなどなど、話題は尽きることなく時間が進んでいきました。

ご自身のことでは、「私、こういう席が苦手で……」という方が多かったですね~。一見社交的でパーティー慣れしているような方でも、このようにおっしゃるのです。
案外みんな、そうなのかも……。外国でご主人と行くパーティーが苦手で困っている方、それは普通の感覚なのかもしれませんよ。
私も苦手な1人ですけど、この日は滅多にない機会なので、がんばっていろいろな方とお話したほうだと思います。

「行こうかどうしようか、ギリギリまで迷ってたけど、来てよかった!」とおっしゃていた方もいました。私も同じ! とても楽しい2時間でしたし、また新たなお友達の輪が広がったような気がします。さっそくメールのやり取りもさせていただいていますし……。
このような機会をつくってくださったスイス大使館にも感謝しています。


【関連リンク】
スイスで過ごしたクリスマス
スイスの恋愛・結婚スタイル
スイスの結婚式
こんなパーティーはいかが?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。