【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
旅行も兼ねたハワイ挙式。日焼けもしたくないし、緊張する挙式は早く終わらせて、ゆっくりたくさん遊びたい! という気持ちはわかりますが、実は3日目挙式がおすすめなんです。

到着日はやることがいっぱい!

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/2/1/2/6/3/01.jpg
時差ボケでぼーっとしていても確認事項はしっかりと聞いておいて
ハワイ便は日本の夜に出発して現地には朝早く到着します。到着するのが、ハワイ時間の朝の8時だとすると、日本の時計では深夜の3時。(ハワイは日本の時計からプラス5時間で、日付は前日になります)まだまだ眠い目をこすりながら、南国の太陽の光を浴びて一日がスタートします。

ホテルのチェックインは15:00が通常ですので、ワイキキに着いてから、チェックインまでの時間に現地のサロンで挙式の打ち合わせをしたり、ドレスショップで最終フィッティングをしたり…ウエディングの準備をして過ごします。チェックイン後はゲスト(お父さんやお母さん、お友達)の参列衣装を現地調達したい場合はお買い物へ。花嫁はネイルサロンやスパへ出かけたりして、あっという間に日が暮れます。みんなでレストランでの夕食を済ませお部屋に戻る頃には11時過ぎにになりますよね、シャワーを浴びて眠りにつくのが12時過ぎ。そして翌日が挙式となると、朝8時に起床が目安。日本時間で深夜の3時ということになります。

まだまだ眠いなか、挙式の1日がスタート。時差ボケで顔もむくんだまま、本調子じゃない! と感じる花嫁さまが多いはず。という訳で、到着2日目はゆっくり朝寝坊をして半日観光(ハワイの魅力を知った上で挙式に臨むのも素敵です)へ出かけたりして、体のコンディションを整え、3日目の挙式本番に備える、というのが理想的ではないでしょうか。