美しい和装花嫁の立ち方

白無垢
花嫁の凛とした立ち姿はそれだけで神聖な気分にさせてくれます。【写真協力:Color Clips
打掛や引き振袖など花嫁和装での立ち方は、まず足を八の字におくことがキホン。つまり少し内股気味で足の付け根、特に親指の付け根あたりに重心をおきましょう。つまり重心を前におくことが大切。少し前にお辞儀するイメージで重心をかけ、顎を引いて顔を上げます。これを洋服でやると変な姿勢ですが、和装では花嫁の胸元が一番キレイに見える姿。その上で右足を少し引きます。安定感がでるだけでなく、花嫁が右足を引くことで右側に立つ新郎に寄り添うかたちになり一体感がでます。

着物は直線的で、襟などを見たらわかるように左右対称になっているので、姿勢が歪んでいたら洋装よりも目立ってしまいます。着付けの補正の段階では肩の高さの違いあがっても、同じ高さに合わせるように調節して補正してくれます。それが緊張してしまうとどうしても肩に力が入って、首が短く見えたり、動きに堅さがみられるようになってしまうので、力み過ぎないようにしましょう。肩に力が入ると、もちろん立ち姿だって美しくありません。

また花嫁が写真に撮られる際は、特に左側を見せる方が着物の柄もキレイにみせることができオススメです。友人との写真や、1人で写真に写る場合も、片足を少し引くことを忘れないようにしましょう。前方に体重をのせるようなイメージを常に持って立つと、凛とした立ち姿になります。