引き振袖とは

帯
帯を楽しめるのも引き振袖の良さ。【写真協力:Color Clips
着物の裾を打掛のように引いたものを「引き振袖」や「お引き摺り」といいます。角隠しをつければ挙式でも着られる花嫁の正装です。中でも人気は黒地の引き振袖「黒引き」。昔は裕福な家柄の花嫁衣裳として人気があり、昭和初期までは一般的な花嫁衣裳でした。

打掛と大きく違うところは、帯が目立つこと。帯の結び方や、着物と帯のカラーコーディネートでずいぶんと印象が変わります。基本的には染めの着物に、織りの帯を合わせることが鉄則になります。着物と帯、さらに帯揚げ、帯締めといった小物類のコーディネートを楽しむことができるのは引き振袖ならではです。

柄選びのタブー

引き振袖
気品溢れる黒引きは、レトロにもスタイリッシュにも着こなすことができます。【写真協力:Color Clips
着物の柄は自分の好みで選びますが、季節感があからさまなものは、その季節以外は避けましょう。たとえば紅葉の総柄など、いかにも秋! とわかるようなものです。もちろん秋に挙式を挙げられる花嫁が着る分にはOKです。むしろ季節感が際立ってインパクト抜群でしょう。また着物の柄と、帯の柄の季節は混同しないように!

ちなみにおめでたい柄とされる桜や梅は、季節に関係なく着られます。また花嫁衣裳の定番のおめでたい柄である、吉祥文様や有職文様などは一年を通してOKです。

人とは違った着こなしを!

小物ト
小物類のカラーコーディネートも重要。懐剣は本来、武家社会の女性の花嫁衣裳である白無垢、色打掛のみ使います。今はアクセサリーとして引き振袖にも使用。【写真協力:Color Clips
今の一番人気のスタイルは、引き振袖に洋髪スタイル。みなさんも雑誌や実際の結婚式でよく目にされているのでは? だからこそあえてこの定番コーディネートではなく、花嫁かつらを合わせて正統派コーディネートを推薦。せっかく和装を着るなら、花嫁ならではの日本髪にトライしない手はありません。

さらにもう少し和装を楽しみたい花嫁は、引き振袖の上に色打掛を羽織っちゃいましょう! 打掛の下には掛け下と言われる白い振袖を着ますが、その代わりに色目の入った引き振袖を着るのです。

たとえば、赤い引き振袖の上に、白い打掛を合わせ、お色直しでは羽織っていた打掛をぬいで、赤い引き振袖で再入場。お色直しの時間も大幅に短縮でき、色や柄のコーディネートも幅広くなります。打掛を脱ぐだけ、という超短時間で、ガラリとイメージを変えられるこの着こなしオススメです。特に人とは違ったコーディネートを楽しみたい花嫁にはぴったりです。是非ともお試しあれ。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。