ドレス
ドレスをどこで、どんなかたちで選ぶかは、会場によっても違いがでます。
ウェディングドレスの入手方法はレンタル、セル(買取)、オーダーの3つが主流。細かく分けると、この5つです。

 ・レンタル
 ・セル
 ・オーダーメイド(パターンオーダー・サイズ
  オーダー、フルオーダー)
 ・オーダーレンタル
 ・オーダーセル

その中でも1番一般的なレンタル。今回はウェディングドレスをレンタルする際の素朴な疑問を解決しましょう!

ドレス・レンタル、基本の流れ

ウェディングドレスを挙式の日に借り、式後に返却するスタイルです。結婚式を決めた会場が、いくつかのドレスショップと提携しています。ホテルであれば、ホテル内にドレスショップがあったはずです。提携ショップの場合は、初回の予約を会場側からアポを入れてくれるところが一般的。何度かの試着を経て当日着るドレスを決めます。

通常は挙式前日にドレスが会場に届けられ、披露宴後、会場でドレスを脱いでおけばドレスショップが回収に来る段取りです。二次会にもドレスを着る場合は、ショップによっても違いますが、二次会会場に預ける、宿泊ホテルのクロークに預けるなど、ドレスをどこで脱ぐのかをショップ側と相談・確認しましょう。


つづいて気になる