技ありの美味しさ

都営三田線「板橋区役所駅」から5分。東武東上線「大山駅」からは「遊座大山商店街」を山手通り方面へ7分に「深山」がある。
画像の代替テキスト
上、「ごま汁せいろ」と「比内地鶏の卵ご飯のセット800円。中、上から時計回りに「田舎汁」、「なめこおろし汁」、「揚げ玉おろし汁」。下、セットの「ねぎトロ丼」

ご覧のものはランチの田舎そばセットの「ごま冷汁せいろ」である。その他「田舎汁せいろ」、「あげ玉おろし汁せいろ」、「なめこおろし汁せいろ」の計4種類に、3種類の丼を組み合わせるスタイルだ。その丼は「比内地鶏の卵ご飯」、「ねぎトロ丼」、そして「日替わり」は、エビ天丼、豚丼、牛丼、鶏もつ丼、野菜天丼、豚キムチ丼などなど。このボリュームのセットで800円とお手頃な価格である。
まずこの田舎そばとつけ汁の塩梅が実にお見事。具だくさんのつけ汁はキノコ類を炒めて、そこに蕎麦つゆを加えて作っているそうで、これが旨いのだ。また毎日店の2階で麺打ちされているランチの蕎麦は挽きぐるみ(蕎麦の実の甘皮を一緒に挽いた粉)、つまりそば粉の全粒粉と小麦粉を合わせた粉で、厚切りされた麺はモチモチとほどよい弾力があり、嫌味な甘さのない潔いつけ汁との相性が抜群だ。
「僕の田舎は埼玉の東松山で、この蕎麦は僕が子供のころにおばあちゃんがよく作ってくれたものなんですよ」
と店主の中島剛氏。様々な蕎麦屋で修業の後に、この店をオープンさせて5年強になるそうだ。武蔵野から北関東は粉食文化で、現在もうどんや蕎麦が常食されていて、東松山に限らず、埼玉の加須や東村山、はたまた群馬県辺りもうどんなどが名物料理である。