納得の雲呑麺各種。

JR山手線「五反田駅」東口から徒歩2分。八ッ山通りを品川方面へ150メートルほど進むと、左手に広州市場が現れる。
「食は広州にありっていうじゃないですか?」
と店名の由来を語るオーナーの山岸氏。
オープンから十数年たつが、この店はいつ訪れても新装開店と見紛う風情、極めて清潔な佇まい。昼夜賑わう店内は、コの字型のカウンター10席、テーブル席は28人ほど座れる。 日ごろシンプルな塩スープが恋しくなったり、または具の豊富なラーメンが食いたくなると、決まってこの店を訪れる。
画像の代替テキスト
上、雲呑麺800円。中、海老雲呑麺780円。下、黒雲呑麺820円

お勧めは「雲呑麺」各種。どれをいただいても納得の美味しさだ。鶏ガラ、ゲンコツなどから抽出した中華伝統の清湯スープ。旨味の具がぎっしり詰まったワンタン、ツルっとしたストレートの細麺は実に旨い。