新緑がまぶしい季節ですね。これから夏にかけての季節に、特に美味しくいただける、「ヘーフェヴァイツェン(Hefeweizen)」というスタイルのビールをご紹介します。

「ヘーフェヴァイツェン」が誕生したのは南ドイツ。南ドイツでは夏に好んで飲まれるビールですが、北海道の稚内市よりも北に位置する南ドイツの夏は、日差しは強いけれども湿度の低い過ごしやすい季節。日本で飲むなら、春から夏まで美味しくいただけそうです。

南ドイツ由来のスタイル「ヘーフェヴァイツェン」

ヘーフェヴァイツェン
メレンゲのような泡、ビールの濁り、そしてへーフェヴァイツェン特有の香り。
ドイツ語で、「ヘーフェ(Hefe)」は「酵母」、「ヴァイツェン(Weizen)」は「小麦」という意味。2つの言葉が組み合わさった「ヘーフェヴァイツェン」は、その名のとおり、酵母が入った、小麦麦芽を主原料にして造られたスタイルのビールで、小麦麦芽の使用率は50%以上とされています(残りは大麦麦芽)。また、ホップの使用量が少ないため、ホップの苦みや香りはありません。

ビールの濁りと、あふれんばかりのメレンゲのような泡は、ヘーフェヴァイツェンの特徴。ビールの濁りは、ビール内に浮遊しているビール酵母と、小麦麦芽に多く含まれるタンパク質によるものです。また、泡持ちの良さは、小麦や小麦麦芽を使用したビールの特徴でもあります。

爽やかな清涼感が味わえる「フランスチカーナー」

フランチスカーナー・ヘフェヴァイスビア
ドイツビール「フランチスカーナー・ヘフェヴァイスビア(Franziskaner Hefe Weißbier)」ネット販売では1本380円前後。
今回は「へーフェヴァイツェン」の中から、ドイツビールの「フランチスカーナー(Franziskaner)」を飲みました。

口にした瞬間、柑橘系の清涼感が口の中いっぱいに広がります。喉を通り過ぎた後、口の中と舌の上にいつまでも、いつまでも残るのが、バナナ風船ガムクローブ(西洋料理やエスニック料理によく使われる香辛料で、刺激的な香りが特徴)の味。

この3種の後味、「さっきはクローブの味が強かったのに、今はバナナの味が強い」と、強く主張する風味が口に含むたびに変わるという、とても複雑な味わいのビールです。

クローブ、風船ガム、バナナなどの風味は、このような原料を使用しているのではなく、アルコール発酵の過程でビール酵母によって作り出されるものです。酵母のなせる業に、あらためて驚かされてしまいます。瓶からグラスに注ぐとき、瓶の底に沈んでいる酵母も一緒にグラスに注いで、「ヘーフェヴァイツェン」の外観、香り、味わいを存分に楽しんでください。


レモンを入れれば飲みやすさも倍増

「ヘーフェヴァイツェン」をお店で注文すると、レモンを添えて出されることがよくあります。レモンを入れると、ビールのカクテルのように口あたりがよくなります。

「ヘーフェヴァイツェン」特有の風味は、慣れていないと独特に感じるかもしれませんので、もし、「やっぱりちょっと......」と思い、代わりに飲んでくれる人がいなかったら、レモンを入れてみてくださいね。

ただ、レモンを入れると酵母特有の風味が弱まりますので、酵母独特の風味を楽しみたい方には、レモンなしをオススメします。


次のページでは、へーフェヴァイツェン購入に役立つ情報をご紹介します。