人気のランチのセットメニューとは?

お野菜とモンゴイカの塩炒め
一般的にホテルのレストランでは、予約なしでも席を確保することはそう難しいことではありません。しかし、龍天門では平日のランチでもほぼ満席というから、人気のほどが伺えるでしょう。ランチでの定番はメインの料理に前菜、スープ、デザートまでつくセットメニュー(2080円)。メイン料理は3種類の中から選ぶことができるのも魅力のひとつ。とある日のメニューを紹介します。まず、1品目はお野菜とモンゴイカの塩炒め。ピンと張りのあるモンゴイカは見た目にも鮮度の良さが伝わってきます。ツヤツヤとした照りがあるのに、食べてみると舌に残る油っこさを感じないのには驚きました。スナップエンドウのシャキシャキとした歯触りも心地よく響きます。

なすとひき肉と春雨のからしみそ煮込み
2品目はなすとひき肉と春雨のからしみそ煮込み。挽肉の旨味をナスと春雨が余すところなく吸い込み、ご飯のおかずにピッタリ。コクがありながらもキレのある辛さが堪能できました。そして、ネギや香辛料の香りが味を芳醇に膨らませてくれています。

鶏肉、きのこの蒸し物
3品目の鶏肉、きのこの蒸し物は鶏肉のジューシーな美味しさがシンプルに味わえる一皿。紹興酒の深みのある香りが鶏肉に染み込み、肉自体の旨味を膨らませてくれているよう。

デザートの杏仁豆腐までついて、このお値段はお得。この店の魅力を知る導入編として、ぜひ押さえておきたい一食です。

次ページでは、中級編を飛び越えて、上級編。
ほとんど知られていない裏メニューをご紹介します!
こんなメニューがあったのか!