名店「ルセット」の原点となるカジュアルフレンチ

カウンターでお一人様もOKの、カジュアルモダンな空間。
カウンターでお一人様もOKの、カジュアルモダンな空間。
以前紹介した、神戸の名フレンチ「ルセット」。そちらに先立って隣に開店したのが、この「レ・シ・ピ」です。お店を構えて、今年で17年の歴史あるお店。こちらも雑誌等に載ることは少なく、地元・神戸の確かな舌に支えられてきたフレンチレストラン。「ルセット」がクラシックなレストランなのに対して、こちらはカウンターや個室風のソファ席(要予約)もある、モダンな空間となっています。季節にはベカス(山シギ)や蝦夷鹿などのジビエも揃う、豊富なアラカルトメニューもあるので、グラスワインと共にカウンターでお一人様、という使い方もできます。

バレンタイン特別コースをご紹介!

カトラリーはラギオールなどですが、お箸もあるので、気軽にいただけます。
カトラリーはラギオールなどですが、お箸もあるので、気軽にいただけます。
今回は、2月14日のバレンタインに向けて、ガイドおすすめの「ショコラも食事もおいしいお店」として、このお店をご紹介します。07年2月10日~14日限定で作っていただきました、バレンタインの特別コースです。通常のコースは今月中に[レ・シ・ピ 通常編]の記事でご紹介する予定です。今回のメニューは、一部試作段階のものをいただいていますので、みなさんがいただける頃には、盛り付けや完成度もUPしているハズ。完成品は、ぜひお店で直接確かめてくださいね。

フランではなく「プリン」。カラメルの甘みと、フォアグラの濃厚さがお互いを高めます。
フランではなく「プリン」。カラメルの甘みと、フォアグラの濃厚さがお互いを高めます。
・アミューズ:フォアグラのプリン、トリュフのキャラメルとポルトクレーム
まず最初に出されるのは、プリン。アミューズとしてよく出てくる、フォアグラのフランではありません。ポートワインのムース、フォアグラのブロック、そしてトリュフを重ねています。カラメルソースがかけられていて、確かに「プリン」。少しカラメルが強いのですが、これくらいでないとフォアグラとのバランスが取れないでしょう。初っ端から、なかなかのサプライズ。

次ページではシェフの遊び心が詰まった前菜~メイン料理をご紹介。