カウンターに立ち、八ヶ岳の清冽な伏流水を使ってコーヒーを丹念にネルドリップしているのが?塚さん。小諸の自家焙煎店ベルコーヒーで学んだ技術を活かし、ユーシカフェのコーヒーを自ら焙煎しています。

本当に良いものは足もとにあるという考えから、キッチンで香ばしく焼きあげるパンやお菓子には地粉を用い、サラダは地元産の新鮮な野菜で彩ります。トーストに添えてあるのはカネカワ農園の塩川さんが果実の旨みを凝縮して作る絶品のジャム。

※じつはこのジャム、雑誌BRUTUSの特集で日本一のジャムに選ばれたものです。

伝統的な土地の恵みにカフェならではの新たな魅力を添えた一皿が、お客さまの待つテーブルに運ばれていきます。

▼祖父の物語に自分の物語を重ねながら