プロの技が冴えるパスタを、自宅のテーブルに

夏野菜のカポナータ(フランス風に言えば、おなじみラタトゥイユ)と、リコッタチーズをトッピングして作る、とびきりおいしい冷製フェデリーニ。全行程が20分ほどで完成する、決して難しくないレシピですが、各プロセスごとに、プロならではの細やかな技がいっぱい!

今回の記事では、トスカーナの有名リストランテで修業したシェフに教えていただいた究極の冷製パスタのレシピをご紹介します。ヘルシーでおいしいのはもちろん、彩りも美しく、カポナータは前日に作って冷やしておけますので、ホームパーティーにも大活躍の一皿です。

野菜の写真

夏野菜たっぷりの冷製パスタ、絶品の決め手は5つのポイント

(1) ダブル・トマトで味に奥ゆきを!
 →ホールトマトで夏野菜を煮込み、フルーツトマトで冷たいパスタソースを作ります。
(2) ニンニクに隠し包丁?!
(3) 素材ひとつひとつの味を引き立たせる「ばらばら炒め
(4) ゆで時間+3分でアルデンテ
(5) キッチンペーパーで完璧仕上げ

▼カポナータはこんな料理にも使えます。