表参道ヒルズ、カフェ&スイーツ好きのための9軒

2月11日に待望のグランドオープンを迎える表参道ヒルズには、93軒のショップやレストランが軒をつらねています。
プレス・プレビューに行ってまいりましたので、「カフェ好き、スイーツ好きのための表参道ヒルズ回遊コース」をご案内しますね。4日間にわたって、カフェを7店、ショコラティエ1店、スイーツとアートのコラボレーションが楽しめるギャラリー1店をご紹介してまいります。以下が表参道ヒルズ内のカフェとスイーツショップです。

本館
3F (1) デルレイ カフェ&ショコラティエ
(2) ポワヴリエ
(3) ジェラテリアバール ナチュラルビート
(4) R style by 両口屋是清
1F (5) 表参道茶寮
(6) ジャン=ポール・エヴァン
B1F (7) TORAYA CAFE
B3F (8) 新生銀行デロンギカフェ
同潤館 3F (9) S and O


アート、シャンパン、コラボレーション

表参道ヒルズに展開されるカフェたちを見て感じたキーワードは、「アート、シャンパン、コラボレーション」。
アートは表参道ヒルズ全体のテーマでもあり、壁面に配されたジュリアン・オビーの映像作品「歩く人」がひときわ目を引きますが、カフェ&スイーツ分野でそれがよく表れているのが「アート+イート」のコンセプトショップS and O。奈良美智+スイーツ(!)、草間彌生+スイーツという斬新なコンセプトで、わくわくするような驚きのある商品を見せてくれます。また、本館1階に位置する表参道茶寮は表参道ヒルズの顔的な存在となっており、店内に国内外のアーティスト作品を多数展示。
メニューにもアート的な要素が取り入れられています。たとえば両口屋是清が初出店する和カフェR styleには、お皿の上に季節の花が描かれる美しい一品が登場します。



そして、シャンパン。デルレイのようにラグジュアリーを前面に押し出したショコラティエ(バカラ製シャンデリアがきらめいています)はもちろんのこと、ジェラテリアバール ナチュラルビートでは、ジェラートもシャンパンと組み合わせるという新しい楽しみ方が提案されています。チョコレートの神様ジャン=ポール・エヴァンの宝石のようなチョコレートがシャンパンにぴったりなのは言うまでもありませんね。

コラボレーションの筆頭は、銀行とカフェを融合させた新生銀行デロンギカフェ。ショッピング中に手持ちの現金がなくなったらここで調達し、カプチーノを飲んでほっと一息、ということでしょうか(笑) スパイスショップ&カフェポワヴリエのように、何種類もの個性あるスパイスを組み合わせ、オリジナルスパイスを専任ブレンダーに調合してもらうのも、TORAYA CAFEのように和の素材「あん」を洋の素材と組み合わせてスイーツを提案するのもまた、コラボレーションのひとつの形といえるでしょう。

▼表参道ヒルズの歩き方・カフェ編