ペアーなヤングで『ペヤング』!

まるか食品の『ペヤングソースやきそば超大盛』は当ガイドサイトでも大きな反響がありましたが、まるか食品というと、もう一つ忘れてはいけないのが『ペヤングヌードル』です。1973年(昭和48年)7月発売というロングセラー商品です。今回、ペヤングヌードルを知らない方々(関西の方はあまりご存じないと思います)のためにペヤングヌードルを紹介したいと思います。

ペヤングヌードルペヤングカレーヌードル

まるか食品の歴史をたどる

まるか食品は1929年(昭和4年)に丸橋嘉蔵氏(丸嘉→まるか)により設立された乾麺製造工場がルーツです。1962年(昭和37年)、インスタントラーメンブームに乗り、即席ラーメンの製造を開始しました。

1966年(昭和41年)には全国初の15円ラーメン『味の大関』を発売しました。日産17万食を製造したとのことです。CMキャラクターには三遊亭円楽師匠を起用しました。現在同社CMに出演している山田隆夫さんとは日本テレビ『笑点』つながりですね。

そして1973年(昭和48年)にはカップ麺『ペヤングヌードル』、1975年(昭和50年)には『ペヤングソースやきそば』を発売、どちらの商品もロングセラー商品として現在も販売されています。『ペヤング』というブランド名はペヤングヌードル発売時に立ち上げたブランド名です。

創業以来無借金経営を続けており(創業者の教えだそうです)、食品以外にも高崎駅前の高崎ペヤングビル(ペヤングソースやきそばの看板が出ている)をはじめとする不動産事業も行っています。

ペヤングヌードルの内容物

ペヤングヌードルの内容物
ペヤングヌードルの内容物。
まずはペヤングヌードルの内容物からチェックしましょう。かやく、スパイスが袋入りで入っています。スープは日清食品カップヌードル同様、麺にまぶしてあります。

ペヤングカレーヌードルの内容物
ペヤングカレーヌードルの内容物。
次にペヤングカレーヌードルです。こちらはスープとかやくが袋入りになっています。

ペヤングヌードルを試食する

ペヤングヌードルのでき上がり
ペヤングヌードルのでき上がり。
ペヤングヌードルのでき上がりです。味はカップヌードルに似ていると思いましたが、かやくの具が大きいのでお得感があります。特に玉子焼が大きいのはうれしかったです。

ペヤングカレーヌードルのでき上がり
ペヤングカレーヌードルのでき上がり。
次にペヤングカレーヌードルのでき上がりです。こちらもカップヌードルカレーに酷似していますが、カップヌードルよりスープがサラっとしています。私としては、どうしてもドロドロしたスープになってしまうカップヌードルよりは食べやすいと感じました。

不思議と感じる『懐かしさ』

新潟ではずっとスーパーやコンビニでペヤングヌードルを販売していたのですが、今までペヤングヌードルを食べた記憶は無く、きっと食べたのは今回が初めてだと思います。

味としてはこのぺヤングヌードル、カップヌードルとさほど変わらないのですが、パッケージデザインや具のせいか、妙な懐かしさ、例えると『昭和の味』というイメージを強く感じました。カップ自体時間が止まっているのです。逆に日清カップヌードルは、CMのイメージのせいか、いつでも目新しさを感じます。

どちらがすごいのか考えましたが、莫大な宣伝費用をかけて販売しているカップヌードル、ほとんど宣伝をしないのにしっかり売れているペヤングヌードル、今回、私としてはペヤングヌードルに軍配を挙げたいと思います。


<合わせて読みたい関連記事>
ペヤングヌードル復活記念!ペヤングファミリー大集合 (2016年)
自由すぎるペヤングの歴史!ポテチ牛たん、湯切り不要にぺヨングまで(2016年)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。