ラントマン トルテ(LANDTMANNTORTE)

写真をクリックすると次のページに進みます
ラ・ヴィエイユ・フランス
ラントマン トルテ 650円(1カット)

トルテ(Torte)とは切り分けて食べる焼き菓子の一種を指すドイツ語で、クリームやフルーツ等を用いてデコレーションし、ホールのものは円形のケーキを指すことが多くみられます。

店名のカフェ ラントマンの名前からとったトルテは、ラントマンを代表する、シェフお薦めのケーキ。
荒削りのアーモンドプードルと胡桃をふんだんに使用したリッチなシナモン風味の生地をベースにし、オレンジとグランマルニエのクリーム、キャラメルのバタークリームの三層で構成されています。表面にフランボワーズのソースをコーティングし、甘酸っぱさを添えてくれて、素朴ながらもウィーンらしい味わい深いケーキです。

モーツアルト トルテ(MOZARTTORTE)

写真をクリックすると次のページに進みます
ラ・ヴィエイユ・フランス
モーツアルト トルテ 650円(1カット)

ウィーンにある“カフェ モーツアルト”もラントマンのグループ店の一つ。 そのため、現地の味をそのままに、モーツアルト トルテを紹介されています。 ココアの生地をベースに、ケーキの中心箇所、そしてデコレーションの箇所にクーベルチュールを使用したチョコレートのムースを使用し、ピスタチオのムースで構成された全体的に柔らかな口当たりのケーキです。さくらんぼのお酒“キルッシュ”が隠し味です。

ザッハ トルテ(SACHERTORTE)

写真をクリックすると次のページに進みます
ラ・ヴィエイユ・フランス
ザッハトルテ 650円(1カット)

ウィーンといえばザッハトルテというくらい、代表的なウィーン菓子。 TOPに飾られた丸いメダル、そして中心にアンズジャムが施されているのは、ホテルザッハのものとタイプは同様。表面のチョコレートコーティングは、本格的に砂糖の結晶を感じるザクザクとした食感のザッハ・グラズールになっていて、ウィーン菓子ならではの味を楽しめます。
(ウィーンのザッハトルテの歴史はコチラで詳しく紹介しています。)

次のページではイートインならではのウィーン菓子とウィーン料理をご紹介しましょう!