最新のチョコレート情報はこちらからチェック!>>

◆◆
ピエールマルコリーニ氏のこだわり◆◆

2004年夏、ベルギーのブリュッセルへ行ってきました。 そこで多くのお店でベルギーショコラをいただいたのですが、 一番美味しく、そして見た目にも美しいショコラは「ピエールマルコリーニ」だと実感。

そのショコラが全てベルギーから直輸入で日本にとりよせられているため、 日本にいながらにして本場ベルギーと同じ味わいを楽しめるのも魅力。

ピエールマルコリーニ氏は1964年ベルギー生まれ。 ブリュッセルの“WITTARMER”(ヴィタメール)、 “Mahieu”で修行を重ねた後、1994年にショコラティエとして独立。

ベルギーのショコラティエの中でも、新鋭と呼ばれていましたが、 今ではベルギーを代表とするショコラティエといえます。

またマルコリーニ氏のショコラのこだわりは並大抵のものではありません。カカオ豆の仕入れルートをすべて自分の手で行われているそうです。 自ら中南米などのカカオ農園まで足を運び、ショコラの原料となるカカオ豆を選別されています。

一粒一粒丹念に作り上げられたショコラは、それぞれ味がことなりバリエーション豊か。 大切に味わいたいショコラたちばかりです。

◆◆ゆっくり味わいたいショコラたち ◆◆


Coeur Framboise(クールフランボワーズ)(315円税込)
バレンタイン時期限定の商品。 赤いハートの形をしたホワイトチョコレートの中に甘酸っぱいラズベリーの ガナッシュが入っています。

Equateur(エクワトール)(262円税込)
エクアドル産カカオを使用したカカオ分72%のショコラ。 クセの少ないマイルドなダークショコラ。



Escargot (エスカルゴ)(262円税込)
優しい味わいの滑らかなホワイトチョコレートの中に、とろりとした柔らかいクルミ入りの キャラメルソース。



Vanille croquante (バニーユクロカンテ)(315円税込)
バニラが漂うパフペイストリーがサクサクとした軽快な食感になっています。
薫り高いダークチョコレートでコーティング。

Calin Fondant(カラン フォンダン)(315円税込)
とろりとしたキャラメールソースと、キャラメルクリームが 2層になり、それをダークチョコレートでコーティングしています。 二つの味わいが重なる楽しい味わい。

Torsade(トルサード)(262円税込)
砂糖をまぶしたアーモンドとヌガーチップスをミルクチョコレートで包み込んでいます。 ヌガーチップスのカリカリとした食感が美味。


Pierre Marcolini (ピエールマルコリーニ)(262円税込)
シンプルながらショコラの香りを楽しめる一品。 苦味と甘さのバランスが絶妙。いつまでも舌にショコラの苦味とコク、香りが残ります。



こだわりのショコラをより美しく表現するのにはBOXも重要。
2004年12月よりベルギー王室御用達「DELVAUX」デザインのBOXから フランスのデザイナー、ヤン・ペノー氏によるBLACK&WHITEに一新。
スタイリッシュなBOXに、並ぶショコラはまるで宝石のよう。 見た目にも美しいショコラたち、贈り物にもよろこばれることは間違いありません。

店舗へ訪れ購入してもよいですが、全国各地からオンラインショッピングで購入するのも便利。 バレンタインのために購入したい一品です。

*賞味期限が1週間ほどなので、ご購入の際はお気をつけください。



Shop Data
店名 Pierre Marcolini (ピエール マルコリー二)  (*店舗情報はコチラ>>
商品 PRE PACK 6個入り \1,995 ~22個入り \6,720 (税込み)
*商品情報はコチラ>>
住所(銀座店) 東京都中央区銀座5-5-8 
電話番号(銀座店) 03-5537-0015
住所(羽田店) 東京都大田区羽田空港3-4-2 新ターミナルMarket Place内
電話番号(羽田店) 03-5757-6220

◆関連リンク◆
ネットで取り寄せる至福のショコラvol2 ジャン=ポール・エヴァン

最新のチョコレート情報はこちらからチェック!>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。