函館塩ラーメンサミットは函館市が市政施行80周年を記念して始めた企画。全国のゲスト店(招待店)5軒、地元店9軒、合計14軒の参加で多くの人に塩ラーメンを味わって貰おうというものでした。地元店の選定に私のラーメン仲間が参加していることもあって、行ってみることになりました。

今回のイベントは会場が二つに分かれていました。一つは海辺のイベント場。もう一つは市内のちょっとした広場。こちらは両側の道路を封鎖してイベント会場にしていました。二つの会場は歩いても15分程度で移動できますが両会場を行き来するシャトルバスも無料で運行。市全体の盛りあげとして、こういう方法に行き着いたのかもしれません。でも、大きな一つの会場でやったほうが一体感があって良かったような気もします。もちろん、一長一短あるんでしょうけど。

開場は11時。私は飛行機が着いて、直接、海辺の会場へ向かったら到着が10時。その頃には有名店はもう行列していました。特に「支那そばや」は開場前に700人が並び、そこで締め切られてしまうという大人気。最後の人は4-5時間待つことになるわけです。東京で行列になれている私もびっくりでした。地元店は、最初はどこも並んでなかったので、なんとなく私は「らーめんの超人」に並びました。その後、地元店の並ぶ人数にも随分と差が出始め、何杯も食べるためには、その順番の選択が運命を分けることになりました。というのは、午後2~3時くらいにだいたいの店が売り切れになってしまったからです。(イラストはキャラクターの塩丸)

私は運良く、海辺の会場は目的の店を全部食べることができました。まず「らーめんの超人」を食べて、次に一番空いていた「元祖バスラーメン」、間髪入れずに「しくぅはっく」、ちょっと並びましたが「あじたか」、最後に「隆運丸」。有名店(招待店)は、混んでるし最初から行くのを諦めていたのが功を奏しました。また「星龍軒」は、前に来たときにお店で食べたことがあったので今回は見送り。

続いて、町中の会場に移ったのですが、時間は2時過ぎ。地元店ですらも1軒残して、売り切れでした。私は「昭和苑」を食べて、サミットは終了。結局「めん吉」と「一文字」は食えず終い。合計6軒で6杯。今回のラーメンは多くの人に食べてもらえるようにミニラーメンで出していました。全店、麺の量を90gに合わせたようです。それもあって、普段、店で出す味とは違った店もあったようです。逆に気合いを入れて普段やらないことをやったお店もあったようです。その店の名は伏せておきますが、個人的にはその店が一番旨かったです(笑)。

土曜日は時折雨が降る悪条件の中、そして、日曜日は市内の学校の半分近くが運動会を行うという日にぶつかってしまった、という条件が重なりながらも3万7千人もの人が足を運んだようです。2日間共に全店完売したようなので、これは大成功と言っていいでしょう。でも、東京から4万円以上の費用をかけて来た私としては、もっと食べたかったなぁ(笑)。まさか、2時過ぎにほとんどの店が売り切れになるとは思っていなかったし・・・。

■ゲスト店:「支那そばや」(佐野さん/神奈川)、「一風堂」(河原さん/博多)、「大砲ラーメン」(香月さん/久留米)、「すみれ」(村中さん/札幌)、「イワキ」(青森)

■地元店のデータ
●あじたか 住所:函館市五稜郭36-7 TEL:0138-51-7515 営業時間:11:00~21:00 ●一文字 住所:函館市湯川町2-1-3 TEL:0138-57-8934 営業時間:11:00~15:00、17:30~25:00 ●元祖バスラーメン 住所:函館市湯川町1-3-8付近 TEL:0138-54-2883 営業時間:21:00~26:00 ●しくぅはっく 住所:函館市美原5-18-22 TEL:0138-46-0533 営業時間:11:30~16:00、17:00~21:00 ●昭和苑 住所:函館市昭和3-36-1 TEL:0138-46-4835 営業時間:11:00~20:00 ●星龍軒 住所:函館市若松町7-3 TEL:0138-22-0022 営業時間:11:00~21:00 ●めん吉 住所:函館市田家町14-2 TEL:0138-43-3690 営業時間:11:00~15:00、17:00~20:00 ●らーめんの超人 住所:上磯町飯生1-4-16 TEL:0138-73-1160 営業時間:11:00~21:00、木曜のみ11:00~14:00 ●隆運丸 住所:茅部郡砂原町字掛澗度抗崎270-5 TEL:01374-8-4134 営業時間:11:30~14:00、17:30~20:00

●北海道のラーメン情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。