『ありふれた奇跡』で使われたレストラン

取調べから開放された仲間由紀恵さんと加瀬亮さんが偶然会う場面で使用。フィットネスクラブ「Ichigeki 恵比寿」内にあるカフェです。会員以外の一般利用も可能。
イチゲキカフェ(恵比寿)

陣内孝則さんが仲間由紀恵さんと加瀬亮さんに謝ったお店として外観を使用。両家が集まり、仲間さんと加瀬さんの結婚を話す場面では、店内が使われました。店名でもあるもみの木が出迎えるイタリアンレストランです。
リストランテ アベーテ(はるひ野)

名前も知らない同士だった風間杜夫さんと岸部一徳さんが内密に会う場面で使われました。1973年創業の自家焙煎珈琲屋さんです。
カフェ・ビィオット(神田)

加瀬亮さんが仲間由紀恵さんを自宅に招待する前に、二人でお茶を飲む場面で使われました。ホームメイドメニューが楽しめる、温もりを感じる喫茶店です。
ゆりあぺむぺる(吉祥寺)

風間杜夫さんが女装をやめるのは早すぎると岸部一徳さんを説得する場面で使われました。昭和45年開店の下町の甘味処です。風間さんが食べていたあんみつも置いてあるそうです。
甘味処 いり江(門前仲町)

八千草薫さんが井川比佐志さんに「孫はやれません」と言う場面で使われたパティスリーです。シェフは、ベルギーのマンダリン・ナポレオン・コンクールで日本人初優勝を果たした安食雄二氏。
パティスリー デフェール(たまプラーザ)

仲間由紀恵さんと黒坂真美さんがラーメンののぼりのあるお店に並ぶ場面で使われました。東京バニアンホテル1Fの中華料理店です。
中華料理 稲香村(大井町)

仲間由紀恵さんが加瀬亮さんにホテルに行く話をした時、見知らぬ女性が赤ちゃんを預かってほしいと来る場面で使われました。二人が座っていたのは、カフェではなく、ビル内の休憩スペース。
ソリッドスクエア(川崎)

【PDF】仲間由紀恵さんと加瀬亮さんがお金をもうけた陣内孝則さんに呼ばれた「一色園」として使われました。一見さんお断りの割烹料理店。予約はどなたかの紹介が必要です。
つる中(赤坂)

陣内孝則さんが岸部一徳さんに、仲間由紀恵さんと加瀬亮さんが別れてはいけないと話す場面で使われました。シャンデリアの下のレトロな喫茶店です。
純喫茶 丘(上野)

キムラ緑子さんが皿洗いをするお店で、風間杜夫さんと加瀬亮さんが飲む場面で使われました。焼鳥・串揚げが人気の居酒屋さんです。
居酒屋 神田っ子(神田)

加瀬亮さんが残した月見そばを陣内孝則さんが器を交換して食べる場面で使われました。江戸時代からこの地で営業する老舗そば店です。
本門寺そば 千歳屋(池上)

戸田恵子さんが仲間由紀恵さんに、一時期、パパ以外の人と会っていたと告白する場面で使われました。大隈庭園を眺める吹き抜けのカフェです。
ガーデンラウンジ(早稲田)

仲間由紀恵さんと戸田恵子さんがホテルの部屋から夜景を眺める場面で「ロイヤルスイート」が使われました。緑豊かなホテルです。
リーガロイヤルホテル東京(早稲田)

戸田恵子さんがホテルの廊下を歩く場面で使われました。「東京の夜を遊ぶ、オトナの秘密基地」をコンセプトにリニューアルを完成させたホテルです。
赤坂エクセルホテル東急(赤坂)

仲間由紀恵さんと加瀬亮さんが初めて会った人同士の様に、子持ちの主婦と母親がうるさい息子になりきって話す場面で使われました。古いガレージを改装してオープンしたカフェです。
NEWBURY CAFE(西荻窪)

加瀬亮さんが赤ちゃんのミルクを作るために、お湯をもらう場面で使われました。ワーゲンバスの移動カフェ。過去に『CHANGE』『SP』『プロポーズ大作戦』でも使用。一般販売は行っていません。
LA GONZO

岸部一徳さんと風間杜夫さんが、お互い約束を破って女装したことを話す場面で使われました。創業昭和5年の甘味処です。
竹むら(神田)

仲間由紀恵さんと加瀬亮さんが宿泊した設定で外観が使われたホテルです。レストランは、仏タイユヴァンで修行したシェフの本格フレンチを味わう「ラ・コリンヌ」がお勧め。
THE AGNES HOTEL(飯田橋)

加瀬亮さんがテラスで「坊やのママによろしく」と携帯で話す場面、加瀬さんが仲間由紀恵さんと「いいパパ終わり」と話す場面で使用。運河の前のテラスが人気のヨーロッパ風カフェです。
ENOTRIA DIANA(天王洲)

仲間由紀恵さんと加瀬亮さんが宿泊する撮影で使われたのが、こちらの「ラグジュアリーツイン」「デラックスツイン」。レストランは水と光溢れるオールデイダイニング「エルベット」がお勧め。
ホテル グランパシフィック LE DAIBA(台場)

ドラマガイド 『ありふれた奇跡』ってどんなドラマ?