小さな樽という名のビストロ「ル・プティ・トノー」。

ル・プティ・トノー

朝の麻布十番は、なんだかいい匂い。通りを歩けば、たい焼き、ワッフル、カステラ、お煎餅etc、美味しい物が焼ける匂いがそこここから漂います。

その匂いにつられて寄り道すること15分。カバンをふくらませ、小走りに向かうのは、緑の広場「パティオ十番」に面した「ル・プティ・トノー」。フランス語で「小さな樽」という名のビストロです。

ル・プティ・トノー

1Fの喫煙席と2Fの禁煙席から構成される店内は、どちらもこじんまり穏やかで、和気あいあいとした雰囲気。ここなら一人で来ても、何も気にせず、ゆったりお料理を味わえそうです。最近は虎ノ門店九段店ともども、まるごと貸切でウェディングパーティーも行われるそう。ニーズに合わせたフィンガーフードが好評なようです。

ル・プティ・トノー
たくさんの絵や写真が飾られた賑やかな1F席。
そんなここのお料理は、カジュアル視点のフレンチ。腕をふるうのは、来日17年になるフィリップ・バットンさん。

渋谷「エブリーヌ」でシェフディレクターを務めたのち、代官山「ル・プティ・ブドン」をオープン。フランス文化を海外に広めた功労者としてフランス政府から「メリット・アグリコール賞」も受賞した、日仏双方にその功績が認められるオーナーシェフです。

ボリューム満点のアラカルトを親しい人と分け合う楽しみ。

ル・プティ・トノー

スペシャリティーは、「鴨のフレッシュフォアグラと大根のポワレ ハチミツとスパイスのオレンジソース」。
ル・プティ・トノー
お店のロゴがエッチングされたワイングラス。
バターソテーしたフォアグラと大根を、5つの秘伝チャイニーズスパイス、オレンジジュース、フォン・ド・ボー、ハチミツを煮詰めたソースで仕上げた逸品です。

フォアグラが口の中でふるっととろける濃厚さは期待通りですが、今まで食べた中で、一番ふっくらしてやわらかいと感じるのは、多分気のせいではないでしょう。これにスタッフに奨められたルーシヨン地方の甘口ワイン「リヴサルト・アンドレ」を合わせると、さらにその味わいが深まるようです。

ル・プティ・トノー
開け放たれたドアから行き来する人を眺める1F席。
でも見ての通り、かなりのボリュームなので、できればみんなでシェアするか、あらかじめハーフサイズをオーダーするのが得策。他にも、「ブイヤベース‘プティ トノー風’」や「タラとじゃがいもの南仏風グラタン にんにく風味」「ムール貝のワイン蒸し クリームスープ」「ニンニク風味のソーセージ、サラミ、生ハム、リエットと田舎風テリーヌ盛合わせ」など人気メニューはたくさんあります。

グラシエも認めるアイスが添えられた温かいフォンダン。

ル・プティ・トノー

この日のデザートは、「温かいフォンダンショコラ バニラアイス添え」をオーダー。ナイフを入れたとたん、クラシックガトーから、とろっと流れ出るビタースイートなチョコレートが魅力です。

ル・プティ・トノー
クラシックガトーからとろりと流れるビタースイートな魅力。
自家製アイスも、グラシエ(アイスクリーム職人)のお墨付き。コクのある甘さが、堪能という言葉の意味を十二分に感じさせてくれる逸品です。

これらをいただいている間に、時折聞かれる「オイシーデスカ?」。「はい。おいしいです。」と答えると、日本語勉強中のフランス人スタッフが満足そうな笑顔を返してくれます。

ル・プティ・トノー
カメラの前でポーズを取る陽気なフランス人スタッフ。
取材のカメラを向けると、すぐさまハイ、ポーズ。まわりのスタッフから「ヒュー、カッコイイ!」とひやかされながらも、進んで何パターンもポーズを取る陽気さに、私までとても楽しくなりました。

きっとこのスタッフみんなの明るさが、そのままお店の居心地の良さにつながっているのでしょう。ワインを注ぎながら、店内の音楽にハミングするその姿に、こちらの心もリラックスするのを感じました。

ル・プティ・トノー
水のグラスにもロゴがエッチング。
時折、日本語がわからなくなるフランス人スタッフの助っ人は、もちろん日本人スタッフ。通訳してもらいながら、「日本語うまいねー」と笑うお茶目さは、お料理もさることながら、スタッフに会いにここのお店を訪れる人が多いのにも、うなづけるというものです。

私もこの「ル・プティ・トノー」が、ここのスタッフが大好きです。

ル・プティ・トノー


ル・プティ・トノー
ワインレッドの外観とともにヒゲのおじさんが出迎える入口。
<店データ>
ル・プティ・トノー
所在地:港区麻布十番2-14-2 イデア麻布十番1F
TEL:03-3454-1075
営業時間
ランチ 11:30~15:00(LO)
カフェ  15:00~18:00
ディナー18:00~23:00(LO)
定休日:無休
1F喫煙可 2F禁煙
大江戸線・南北線麻布十番駅4番出口より徒歩約2分
地図:Yahoo!地図情報
ル・プティ・トノー オンラインブティック

次ページでは、クレーピエが焼き上げるガレットが魅力の「クレープリー ル ブルターニュ」をご紹介します!