丸の内からはじまるカカオを巡るチョコレートの旅。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ
カカオが入ったラグビーボール状の実(カボス)。
カカオを巡るチョコレートの旅に行ってきました。

場所は、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」丸の内店。「ガナッシュの魔術師」と称されるロベール・ランクス職人が、1977年にパリに開いたチョコレートブティックの日本第二号店です(ちなみに第一号店は表参道)。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ
大理石のカウンターがチョコレートの旅の出発駅。
ここでは、定期的に、カカオを収穫してからガナッシュができるまでの過程を、デモンストレーションや試食を交えて紹介するショコラテイスティングセミナーが開かれています。

その名も、パークール・イニシアティック 「タマナコ」

チョコレート詰め合わせのお土産付き試食セミナー。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ
温かいガナッシュをいただきながら出発を待つひととき。
これは本場パリ同様の内容で、原産地の異なるカカオから作られた3種類のクーベルチュールや3種類のプレーンガナッシュ、デモンストレーションで作られる出来立ての温かいガナッシュなどを試食できるというもの。

その上、6粒のチョコレート詰め合わせのお土産付きという願ってもない充実度!

ラ・メゾン・デュ・ショコラ
カボスから取り出したカカオ豆。
そのため、来年の申し込みも殺到しているとのこと。女性のみならず、男性やパティシエになる夢を抱いた男子中学生まで、まさに幅広い層に支えられた大人気のセミナーなのです。

パリではこの他に、お茶やワイン、カカオのマリアージュを楽しむ「デュオ」や、マカロンやタルトなどパティスリーとその材料の味わいを学ぶ「アンダルシア」も開催。日本での開催も待ち遠しい限りです。

次ページでは、いざ出発! 「カカオを巡るチョコレートの旅」 夢の全ぼうをご紹介します!