室内に入った瞬間から視覚のアペリティフが始まるエレガントなダイニング。

アーペレーヌ東京
表参道から一本入った閑静な住宅街に佇む漆黒の建物。細い螺旋階段を地下へ下りると、映画のワンシーンを思わせるようなダイニングスペースが広がります。それは、シャンデリアが吊られ、壁には様々なフラワーベースが飾られた気品溢れる空間。

いいレストランとは、室内に入った瞬間から視覚で始まるアペリティフが
あること。そのセオリーをインテリアで表現したのが、ここ「アーペレーヌ東京」のディナーです。

花とキャンドルが彩るワンランク上のフロア。

アーペレーヌ東京

またここの地上階には、キャンドルが幻想的な印象を奏でるワンランク上のフロアもあります。それは、ゆったりとしたソファに身をゆだねる至福のサロンスペース。

ここは、10,000円のテーブルチャージがかかりますが、それだけの価値あり。隣のテーブルとの間隔が広いため、他のゲストの会話が全く気にならず、心身ともにくつろげるディナータイムが味わえます。

アーペレーヌ東京
DVDシアター付の完全個室。
また、窓の外にもたくさんのキャンドルが灯されるため、炎が揺らめくたび、かなり幻想的な気分に浸れます。2人っきりで過ごしたいホワイトデーや記念日には、まさに願ってもない雰囲気。

この他、DVDシアター付の完全個室も1部屋用意されています。こちらはルームチャージが20,000円かかりますが、お忍びには最適。レストランのファーストクラスと言えましょう。

次ページでは、優雅な空間と肩を並べる洗練されたヌーベルシノワをご紹介します!