乱立する韓国産MMORPG。その中で、親しみやすいキャラクターで大人気の、『トリックスター』を紹介します。トリックスターは2005年の1月からオープンベータテストを行っていましたが3月1日より正式サービスがスタート。こちらの正式サービスも好調です。


正式サービスも無料!

オープンベータテストならよくある無料サービス。正式サービスも無料でプレイできる韓国産のゲームは普段あまりプレイしないのですが、無料ということで、気軽な気持ちで試してみました。すると、気がつけば数日、数時間のプレイでレベル10までキャラクターが成長! 結構しっかり楽しんじゃいました。

ビギナーも簡単に楽しめる


全部で8種類! 
動物をイメージしたキャラ設定


スタート時からプレイヤーが選択できるキャラクターは、大きく分けると「攻撃型」、「魔法型」、「感覚型」、「魅力型」 の4種類。

さらにそこから男女別に分かれており、総数8種類の中から選択できます。キャラクターは、その性格などから連想される動物をモチーフに容姿を設定されており、例えば腕力タイプの「攻撃型」なら、男はバッファローで格闘家、女はウサギ姿のバニーで、職業は女子高生という具合です。動物をイメージしているといっても、四つん這いではなく、2足走行の人間タイプです。

ts
そういえば、8種類のキャラクターは、それぞれイメージの元になっている動物の耳とシッポが生えています。可愛くて、ちょっとした動作からも自分にあったコミカルなキャラクターを選んでしまうかもしれません。私の場合は「魔法型」でドラゴンの呪術士を選びました。単に武器だけで戦うだけじゃなく魔法にも長けていますから。 


かわいいけど、個性はあまり出せません

同じ職業のキャラクターは、ゲーム内でのグラフィックは同じです。成長する過程でも、同系の防具になりやすい。他のプレイヤーと違いが出せるのは、キャラクター作成時に選択できる髪型の色のみ。同じレベル帯で経験値を得るための行動エリアでは自分と同じ格好のプレイヤーと出くわすことになってしまいます。装備によっては、頭の装備で髪の色も隠れてしまい、ますます似てしまいます。でもテクテクと可愛く歩くキャラクターなんで許せてしまいます!