レベルを上げるだけがネットゲームのプレイじゃない!ファイナルファンタジーXI(以下FFXI)内ではゲームシステムの敷居から飛び出したプレイヤーが登場している。殺伐としたモンスター相手の毎日のプレイ。疲れた旅人達を、クスっと笑わしてくれるヴァナ・ディールの芸人達だ。

ネットゲームの中でお笑い?


その行動が限られているネットゲームの世界で、どうやって人を笑わすのか?プレイヤーが操作するキャラクターには個別の動作をするモーションが設定されている。例えば手を振る挨拶をする などの動作であるが、それらの個別動作を組み合わせても人を笑わすのには限界がある。また、多くのプレイヤーが密集する場所では他人のキャラクターの動作・・・いえいえ、そのキャラクターさえも確認することができない状態もあります。

そうなると他人から笑いをとる方法は言葉による手段しかありません。ゲーム内で会話する機能であるチャットが彼ら芸人達の武器なんですね。そうなるとネットの向こう側にいて現実の世界からゲーム内のキャラクターを動かしているプレイヤー自身の笑いのセンスが問われてきます。

今回はファイナルファンタジーXIで芸人としてお笑いライブが大成功している吉本ルミネさんにインタビューしてみました。ゲームの中でしか聞けない彼の持ちネタの代表作『石碑』もネット上にて初公開!

実はルミネさんとは私と同じサーバーだったんですが連絡するにも面識がなかったのでルミネさんの運営しているHPにアクセス。期日を決めて待ち合わせをしました。インタビューの場所はルミネさんがよく利用しているジュノ下層のある場所で。クエストにも登場するタルタルさん関係の家です。それではインタビューの開始!


ルミネさん
インタビューはジュノ下層のタルタルの家で行われた!

●えーとキャラ名についてですが

はい、Sirenでは『ルミネ』ですね。他のサーバーに出張ライブする時も『ルミネ』ですが既に他のプレイヤーに使われている場合には吉本・・・をキャラ名の前につけて『吉本ルミネ』にて出没します。ちなみに名前の由来である『ルミネ』は新宿の吉本ルミネから・・・

●現実の世界でのルミネさんのお住まいは?

大阪になります。

●おお!それじゃ子供の頃から吉本のお笑いが染みついてますね。

そうですね。物心ついた時から・・・
コテコテの新喜劇は土曜とか日曜の昼過ぎには必ずTVでやってました。

●ルミネさんのHPを見るとお笑いネタの投稿ハガキにも熱心ですね・・・ハガキ職人さんですか?

いえ、そんなことはないです。でも自分のハガキが読まれれば、やっぱり嬉しいですね。ネタというかメインは絵描きなんですが10年ぐらい。TVやラジオで採用されたのは数えるほどです。

●FFXIを始めてどれぐらいになりますか?

2年ほどですね。

●レベルはどれぐらいですか?

芸人じゃなくて、まじめなジョブですか?吟遊詩人で74です。もうすぐカンストの75が近くなりました。
(カンストとはカウンターストップの略。ここではレベルの上限75として)