より深くゲームを味わうために

私見ですが、よくできたゲームはシングルモルトに似ているような気がします。ルールもコンポーネントも極限までそぎ落とされ、間然とするところがない。

具体例を挙げると、ボードゲームの神様、アレックス・ランドルフの『ガイスター 』や『チャオチャオ』『ヴェニスコネクション』など、プレイ時間20分くらいの小作品は、特にこの傾向が強い。

某ウィスキーメーカーのコピーをちょっともじらせてもらえば、その完成度において「何も足せない、何も引けない」という感じでしょうか。

素材の持ち味をストレートに味わうためにも、生のままでいくのがいいのはいうまでもありません。(もっとも、ウィスキー通はストレートではなく、ごく僅かに加水するそうなので、この場合加水にあたるのはプレイヤーということで)

まあ、ほとんどの方はルール通りに遊んでいると思いますので、「コイツは何を当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、例えばこんなことがありました。

余計なことをしてみると分かる絶妙なバランス

チャオチャオ
どんなゲームにも作者の意図がある。それを読み解けた時、ゲームの新たな魅力が……
あるときプレイヤーが双六屋を含めて、2人しかおらず、でもどうしてもカタン(3~4人用)を遊びたいということになりました。

そこでネットで見つけたバリアント集の中に「2人用カタン」があったので、コレで遊んでみたのですが・・・・・・ 

ゲームとして遊べなくはありませんが、オリジナルの遊び方と比べると、やはりどうしても喰い足りないというか、味わいが薄いわけです。

またあるイベントで『ピラニアペドロ』というゲームを回していたとこのことです。

このゲームは河の中洲に取り残された、酔っ払いのペドロを、カードを使って操るゲームです。ペドロが落水したり、ピラニアに噛まれたりすると1アウト。2アウトになってしまったプレイヤーが出た瞬間にゲームが終わるという「負け決め」ゲームなのです。


その時は、ゲームの展開が早く割と早く勝負が決まってしまいました。そのためでしょうか、ある参加プレイヤーから「3アウトに変更しよう」と声がでました。

他のプレイヤーもそれに同意し、無理やりゲームを続行してみたのですが、途端にゲームが冗長となり、愉しさの密度もぐっと落ちました。

つまり、我々プレイヤーがちょっとルールに手を加えようとすると、いきなりゲームバランスが崩れてしまうのを経験したことがあるのです。

あの巨匠がゲームを世に出す前にしていること→