熟考の果てに見えるもの

ブロックス
有限のボードに無限ともいえる局面が埋蔵されている。その中の最善手をもとめ、プレイヤーは彷徨する。
アブストラクトゲームの魅力は、脳内のボードに、幾多も枝分かれする仮想局面を描き検討し、一手打っては考え、一手打っては筋を読み、一手打っては相手を追い詰める「果てしない思考に浸る快感」ではないでしょうか。

(そしてその迷宮の最深部にあるのが「シンキング・ハイ」なのではと双六屋は夢想します)

一手ごとに熟考を要すゲームを、ボードゲームでは「重いゲーム」とも称します。しかし一方で、この重さがアブストラトゲームの弱点でもあります。熟考を要すゲームは、万人向けではありません。


もっと致命的な弱点があります。双六屋が師と仰ぐ、松田道弘先生は、その著書の中でアブストラクトの問題点をこう喝破しています。

お互いの能力レベルが違いすぎると勝ち負けがはっきりしぎて面白くも何ともないということが困ったところです。
『遊びの世界の味覚地図』(社会思想社)


いいとこどりのブロックス

『ブロックススデュオ』
2人専用対戦が熱い『ブロックスデュオ』
しかしブロックスはアブストラクトゲームでありながら、アブストラクトの特徴である「思考の快感」を残しつつも、サクサクと遊べる手軽さ。

かつ熟練者と初心者が一緒に遊んでもそれなりに楽しめてしまうことです。(そして、初心者の方が勝ってしまうこともしばし!)


ブロックスはその人気からバリエーションも増えてきました。ピースが三角形で、ボードが六角形の『ブロックストライゴン』、二人専用対戦の『ブロックスデュオ』、どでかいピースで遊ぶ『ブロックスジャイアント』などなど。

自分の嗜好や一緒に遊ぶ仲間を思い浮かべながら、自分にマッチしたブロックスを選んでたのしんでください。


本日のブロックスな関連・参考サイト

ブロックス・オフィシャルサイト 世界中とオンライン対戦も
ビバリー ブロックスページ
ブロックス倶楽部 デジタルゲームへの移植
Yahoo!ゲーム 「ブロックス倶楽部」体験版

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。