Wii用ソフト『ノーモア★ヒーローズ』のセクシーなヒロインや、個性的すぎる“殺し屋”たちのイラスト&写真をご紹介。キャラクターの魅力もあってこそ、アクションのキモチよさも引き立つのだ!
関連記事:Wiiリモコンを「使いすぎない」キモチよさ

本作のヒロインにして米国暗殺者協会のエージェント、シルヴィア・クリステル。主人公のトラヴィスを殺し屋のランキング戦に誘い込んだ張本人。素性も真意も謎につつまれた、クールで小悪魔系な女性。

殺し屋ランキング第11位に選ばれてしまった主人公、トラヴィス・タッチダウン。魔女っ娘萌えアニメ『ビザールジェリー』をこよなく愛しており、家にいるときも、殺しのミッションに挑むときも彼女たちと一緒。

トラヴィスが決闘を挑むのは、ランキング10位から1位に至るまでの殺し屋たち。8位の「シノブ」は日本刀使いの女子高生。プレイヤーからの人気も高く、わたくし個人的にもお気に入りのキャラクター(笑)。

ランキング6位の「ホリー」は、ふだんはモデル業をしているという義足の美女。このお姉さんもまた、全国のトラヴィスを魅了したという。

もっとも「イカれた」殺し屋といえば、真っ先に挙げられるのが7位の「デストロイマン」。公務員として働いている普段のストレスを、アメリカン・スーパーヒーローになりきることで発散しているらしい。

いろんな「イカれた」個性を発揮して、トラヴィスと死闘をくり広げることになる殺し屋たち。見事1位になった暁には、いったいどんな結末がトラヴィスを待っているのだろうか……!?

ちなみに余談ですが、筆者は本作にドハマリするあまり、北米版も本体ごと買ってしまいました。須田氏いわく「どちらのバージョンも最高です」とのこと。北米版ではバイオレンス描写がかなり過激になってます!

(C) Marvelous Entertainment Inc.

【関連記事】
Suda51氏の名言に、ゲーム業界の未来を見る
つねに挑戦的なゲームを生み出し、世界的に高い評価を得ているゲーム作家・須田剛一(Suda51)氏。須田氏の発言から、これからのゲーム業界の「あるべき姿」を考えてみましょう。

Wiiリモコンを「使いすぎない」キモチよさ
『ノーモア★ヒーローズ』というゲームほど、Wiiリモコンの「ほどよい使いかた」を魅せてくれる作品は珍しい。正直、ゲームの「作風」は好みが分かれそうだが、ゲームの「操作性」は万人向けなのだ!

DSで摩訶不思議なバカンスに酔いたい方へ
あなたの「記憶」に残っているゲームといえば、何でしょう。DS用ソフト『花と太陽と雨と -終わらない楽園-』は、ストーリー、台詞、音楽……そのどれもが、あなたの記憶に残ること間違いなしです。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。