【関連記事】 すぐにわかる『バイオハザード』事件の恐怖 >>

↑ レオン・S・ケネディ。27歳。『バイオハザード4』の主人公。ラクーンシティでアンブレラ事件に巻き込まれたときには新人警官であったが(『バイオハザード 2』)、幾多の死線を乗り越えて合衆国の優秀なエージェントへと成長した。

↑ アシュリー・グラハム。20歳。誘拐された合衆国大統領の娘。とある目撃証言により、ヨーロッパにいるらしいと判明。何者に、何のためにさらわれたのかは全く明らかになっていない。

↑ エイダ・ウォン。国籍、年齢、目的ともに一切不明の東洋系の美女。かつてラクーンシティでのアンブレラ事件でレオンと邂逅するが、のちにアンブレラの敵対組織のスパイと判明。事件で重傷を負って行方不明になっていたが、ふたたびレオンの前に姿を現す。

※画像をクリックすると拡大表示します。
捜索のために訪れたヨーロッパのさびれた村で、レオンはふたたび悪夢に襲われる。アシュリーを救出し、ふたりは無事に脱出することができるのか……?!

※画像をクリックすると拡大表示します。
武器を持って襲いくる村人たちは、ゾンビとはまた異質の恐ろしさ。その体からは触手のようなものが伸びているが……?!

※画像をクリックすると拡大表示します。
Wiiリモコンでポイントするだけで武器の照準を合わせられる。リモコンを振るとナイフに持ち替えて近くの敵を攻撃する。

※画像をクリックすると拡大表示します。
「ポイントする」「振る」だけではない、リモコン操作の臨場感あふれるアクションを体感できる。

※画像をクリックすると拡大表示します。
死亡したはずの、レオンの元相棒ジャック・クラウザー。かつての戦友との因縁の対決も……!

【関連記事】
すぐにわかる『バイオハザード』事件の恐怖
サバイバル・ホラーの最高傑作とされる『バイオハザード4』。初めて楽しむ人のため、あるいは復習のため、これまでの『バイオハザード』事件の経緯をまとめて記しておこう。
(掲載日:2007年05月31日)

『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』写真集
『バイオハザード』事件の裏で、つねに暗躍してきた巨大製薬企業アンブレラ。その謎が明らかにされる『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』のスクリーンショットをまとめてお届け!
(掲載日:2007年05月31日)

【関連ページ】
『バイオハザード4 Wiiエディション』公式サイト