インターネットが急速に普及する今……

ニュースだって攻略だって、インターネットの方が速い! インターネットならバックナンバーを買いためる必要もない! 料金も使いやすさも、インターネットはどんどんお手軽になっている!

折しも今年の2月、双葉社の任天堂専門誌「ニンテンドーキッズ」が休刊になり、また読者の“活字ばなれ”などによる出版不況が叫ばれる今日この頃。一方のインターネットは利用者数が高い伸び率で増え続け、さらにオンラインショッピングや電子出版など新たなサービスも次々と登場し、もはやインターネットは日常生活に不可欠なインフラ(情報基盤)となりつつあります。

……となると、「インターネット」に対するこれからの「雑誌」の存在意義は、一体どこにあるのでしょう!?

そこで今回、創刊以来もっとも“濃い”として読者から圧倒的な支持を集めている任天堂専門誌「ニンテンドードリーム」のサオヘン編集長を直撃! これからの雑誌は、これからの任天堂専門誌は、どうあるべきなのか!?

>> インタビューページへGO!
>> インタビューページへGO!

<目次>
今、問われるゲーム「雑誌」の存在意義
これからの雑誌は、これからの任天堂専門誌は、どうあるべきなのか!
インターネットは「デパ地下の試食コーナー」!?
“速報性”のインターネット、“新たな出会い”の紙媒体!
これからの「ユーザーが意識すべきこと」
あなたの大好きなものが、いつか滅んでしまうかもしれませんよ!
「雑誌」・「インターネット」徹底比較早見表!
どちらかに偏ることなく、両者のメリットを効率的に活かしましょう!
関連ページ
「ニンテンドードリーム」サオヘン編集長に一問一答!