昨年末より東京都写真美術館(恵比寿)にて開催されている、ファミコン生誕20周年最後のイベント「レベルX」。そのプレス向け鑑賞会にて、任天堂の宮本茂氏とナムコの岩谷徹氏によるトークライブが行われました! 任天堂とナムコのコラボレーション作品『パックマンvs.』の本質に迫った「レベルX」トークライブの模様と、記者との質疑応答で垣間見えてきた両氏それぞれのゲーム作りへの考え方を、当記事で詳しくお伝えいたします!

◆Page.1/「レベルX」トークライブ ~なぜ今、『パックマン』なのか~
◆Page.2/宮本茂氏&岩谷徹氏に一問一答!

写真左/岩谷徹(いわたに とおる)。ナムコ「インキュベーションセンター」コンダクター。『パックマン』のほか、『リブルラブル』『リッジレーサー』などを手がける。
写真右/宮本茂(みやもと しげる)。任天堂専務取締役・情報開発本部長。『ドンキーコング』『スーパーマリオブラザーズ』『ゼルダの伝説』シリーズなどの生みの親。

<目次>
「レベルX」トークライブ ~なぜ今、『パックマン』なのか
宮本茂氏×岩谷徹氏のスペシャル対談を徹底掲載!!
宮本茂氏&岩谷徹氏に一問一答!
「ゲーム作りで一番大事なことは?」「ゲーム機の今後は?」etc
写真で綴る「レベルX」~完全保存版!
「レベルX」完全保存版フォトアルバム! ファミコンよ、永遠に……