11月1日にはPSP go、11月21日にはDSi LLと、それぞれPSPとDSiの派生バージョンとなる携帯ゲーム機が発売された。
方やディスクドライブを廃止して小型化し、方や携帯機として類を見ない大型化を果たした。
これらはお互い派生バージョンと言う存在でありながら、それぞれ立ち位置が明確に違うハードウェアだと言える。今回はそれぞれの似ているところ、違っているところを見てみよう。

PSP goはPSP1.5ではない

これで電話機能が付けば盤石だった?
PSP goは当初、そのビジネスモデルの先進性から「PSP2への橋渡し的役割を担うのではないか」と見られていたが、蓋を開けてみれば見事に「PSPの亜種」という地味なポジションに徹することになった。

PlayStationNetwork経由でしかソフトウェアの入手方法がないという他、違いとしては「BlueTooth搭載」「対応メモリースティックが小型タイプ」「画面が若干小さい」「従来の周辺機器が接続できない」「現行PSPより高い価格設定」「ゲームをレジュームしてXMBにアクセス可能」など。
決して僅かな違いとも言えないが、「進化」と銘打つほどの違いでもない。

■関連ガイド記事:今わかる、PSP goのすべて
■関連ガイド記事:話題の新型、PSP goは買うべきか?
■関連ガイド記事:PSP goの利用シーンを考えてみる

しかも発売前に現行機種が3,000円の値下げとなることが発表となり、PSP go
の立ち位置は非常に微妙なものとなった。

何より大きかったのは、「既に所持しているゲーム」について、当初はPSP goでもプレイ可能な何らかの施術が検討されている、と言われていたのにもかかわらず、対応が見送られたことだった。

このことでPSP goは「ガジェットとしては魅力的だが、利用にはハードルが高い」と言うゲーム機になったと言える。

一方、DSi LLは

DSi LLは液晶サイズが大幅に大きくなり、本体サイズ、重量ともに従来機より増えたという、携帯ゲームとしては珍しい存在となっている。
価格も高い設定となっているが、3つのソフトウェアがプリインストールされている。

高齢者向けというわけではない、というアナウンスがあったDSi LLだが、ターゲットとしてある程度の部分に高齢者が含まれるのは明らかだ。
視認性の高さ、タッチペンでの操作のしやすさは、自宅でDSをプレイするユーザーにも見逃せない。

PSP goとDSi LLは、方向性は違えど「新たなニーズの創出」という意味では共通している