これだけの機能で29,980円は「買い」!

従来機との比較。これは薄い!
新型PS3が発売される9月3日にはPS3のベストが多数発売される。
すでに発売済みのベスト版が再値下げされているものもあり、これまでで最も周到に計画された「再ローンチ」と言えそうだ(再再ローンチくらいか?)。

機能面でも薄型、省電力、静音とプラスの面が多く、何より従来から1万円もの値下げを達成したのは大きい。
29,980円というのはゲーム機として、ようやく普及価格に落ち着いてきた印象がある。

PS2互換が搭載されないのは残念だが、PS3のゲームと豊富なAV機能を考えると文句なし、圧倒的に「買い」と言っていいだろう。
PS3なら本体のみ購入して帰っても、オンラインに接続して様々な楽しみがある。

■関連ガイド記事:PS3を買ったらして欲しい10のこと

値下げや互換復活では売れない?

当サイトでずっと指摘してきたのは「完全版PS3」がない、ということ。。
従来は少しずつ欠けた部分のあるPS3だったが、これで大きな不満は互換のみ、ということになる。
しかし新型でも対応しなかったことにより、互換復活が全くないか、『魔法のプログラム』で対応するかのどちらかしかないことになる。
これは新型購入の妨げにはならないだろう。

■関連ガイド記事:PS3ついに値下げ!に三つの「?」

■関連ガイド記事:PS3にはなぜPS2互換機能がないのか?

PSでは発売後8ヶ月で29,800円、PS2では発売後20ヶ月で29,800円に到達している。PS3では実に35か月かかっていることになるが、この価格での供給は完全に普及期に入ったとみていい。

これこそが「完全版PS3」である、と言えそうだ。
しかしそこに見逃せない「SCEの戦略変更」も垣間見える。メールマガジンにて考察してみよう。

公式ニュースリリース

SCE、29,980円の薄型「新PLAYSTATION 3」を9月3日発売
薄い! 新型プレイステーション3は29980円[税込]で2009年9月3日に発売
平井一夫氏が新型プレイステーション3を語る!
ソニー、新型PS3を正式発表--スリムになって価格は2万9980円
gamescom 2009ソニープレスカンファレンス発表内容ひとまとめ
新機能が盛りだくさん!PS3最新システムアップデート3.00プレビュー
ソニー、「PSP Minis」ゲームシリーズを発表--PSNもリニューアルへ
「gamescom」にて『グランツーリスモ5』最新情報を公開

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。