PS3に初のカラーバリエーション、セラミック・ホワイトが登場。
10月9日、待望のPS3値下げが発表された。

今回は39,980円、40GBのHDDを搭載した新しいバージョンのPS3が11月11日に発売されるという「実質上の」値下げと、10月17日より従来の20GBモデルが49,980円から44,980円に、60GBモデルが59,980円から54,980円になるという2重の値下げ発表となった。

こうやって並べると40GBのHDDを搭載したモデルがもっとも安く、20GBモデルがそれより5,000円高いというやや不思議な価格設定となっている。

40GBより20GBが高いという「?」

これは40GBの構成を見るとわかりやすい。10月5日に欧州で一足先に399ユーロの40GBモデルが発売されているが、これとおよそ同等品と思われる。

わかりやすくするために三つのモデルを並べてみよう。

HDD容量 40GB 20GB 60GB
PS2との互換 なし あり あり
メモリーカードスロット なし なし あり
無線LAN あり なし あり
USB端子 2 4 4
SACDの再生 不可
価格 39,980円 44,980円 54,980円


微妙にわかりにくくなった気もする。
ここで最大の注目点はPS2との互換性だ。
40GBモデルはPS3の低価格モデルと言えるが、価格のために思い切ってPS2との互換をバッサリと切り捨てたということである。
当初の北米版80GBモデルなどの「互換性が下がる」というレベルではなく、もうきれいさっぱり「PS2のソフトは動きません」と言い切ったわけである。

思い切った値下げのために、PS2との互換性のため必要だったEE/GSを切り捨てて低価格化に踏み切ったということだ。
そして「PS2からの買い替え組」のために従来のモデルもバリエーションとして残したのである。

確かにPS2が現役だから後方互換は必要ないというユーザーもいるだろうから、選択肢が増えたということには純粋に喜びたい。しかし選択肢の多さは商品のわかりにくさも意味する。また、今回の値下げを「物足りない」と思う人もいるだろう。

今後ソニー・コンピュータエンタテインメントは、ユーザーそれぞれに最適なモデルはどれかをわかりやすく提示する必要があるだろう。広報手腕が問われるところである。

次ページでは「振動型コントローラ非同梱に『?』」「発表時期に『?』」の二つの「?」を考えてみたい。