オールドゲーマーの心を奮わせろ!

ここではただの趣味の領域と言える、かなり古い作品、マニアックな作品の続編希望をお届けしよう。
個人的には一番胸が奮えたのがこのカテゴリーである。

しかし、まぁこの辺のオールドゲーマーの心を捕らえるのは任天堂ハードの方が強いかもしれないなぁ、とちょっと思った。

ファミコン世代の名作たち

『いっき』

「農民無双な『いっき』を是非やってみたい」という希望をいただいた。その発想にかなり笑った。
カマを手に忍者を切り倒す農民。もちろんパワーアップは竹槍。
リアルなグラフィックで再現したら酷いことになりそうだ。いい意味で。

『月風魔伝』

個人的にはこのタイトルを見て「おー」とか叫んでしまった。
筆者が大好きなタイトルである。
コナミの『源平討魔伝』と雰囲気が似ているがまったくの別物である。
横スクロールアクションとRPGの融合という稀有な組み合わせが少年たちの心を燃え上がらせた名作だ。
確かに、これは今こそリメイクして欲しい。

今だからこそ、これを遊びたい

『メタルギア』
『メタルギア2 SOLID SNAKE』

「すべてが完結した今だからこそスネークとビッグボスの出会いと戦いを知っておくべきではないだろうか」というメッセージをいただいた。
これに関してはまったく同感である。
メタルギアサーガの出発点ではあるが、今に至るまでリメイクはされていない。今でも『メタルギアソリッド3 サブシスタンス』同梱のディスクで遊ぶことが出来る。今遊んでも楽しいが、最新作の映像で蘇ったらと思わずにはいられない。

『ファイヤーメン』

「冷や汗が出るほどの火災現場を見てみたい」とのメッセージ。
確かに、火災や爆発の表現は戦争の為だけにあるものではないはず。戦争ゲームばかりのご時勢だからこそ、その表現力を他のものに向けて欲しいという思いもある。

その他、こんなゲームもありじゃない?

『NARUTO』の乙女ゲー。

一行だけのメールだったが、乙女ゲーとは、あれだろうか。BLとか言うジャンルだろうか。

『体感ゲーム』

確かに、『ビートマニア』、『ダンスダンスレボリューション』などがネットワークで対戦できたら面白そうだ。『ドラムマニア』と『ギターフリークス』のセッションも魅力的だが、海外タイトルで似たものがある。

『メタルスレイダーグローリー』

前回の記事で挙げたタイトルに賛同していただいた読者さんがいて、ちょっと嬉しくなってしまった。
しかし去年末にWiiのバーチャルコンソールで配信開始されたようだ。
これは、すごく、うらやましい。

続編も良いけど、こうして欲しい!