PS3で楽しむハイビジョン

4月18日発売、市場価格は13万円前後

PS3はハイビジョンに対応したゲーム機である。
ゲーム機でありながら家電としての機能が豊富であり、デジカメ画像をハイビジョン画質で表示できたりと、その恩恵にあずかる局面は非常に多い。

だが、こと動画となると…高画質なPVをダウンロードして楽しむ分には簡単だが、自分でハイビジョンの動画を撮影などというと途端に敷居が高く感じる。

しかし最近、ハイビジョン対応のビデオカメラも増え、自分で撮影したハイビジョン映像を自宅で楽しむというソリューションも一般に浸透しつつある。

今回はこの春に初登場したソニーのハンディカム、HDR-TG1(以後TG1)を紹介したい。

実はこのハンディカム、PS3との相性が抜群なのだ。

HDR-TG1はとにかく小さい

デジカメと思えば大きい、ビデオカメラと思えば小さい…そんなサイズ

以前からハイビジョン対応のハンディカムは発売されていたが、サイズ的には非常に重量感のあるものが多かった。他社製のビデオカメラでも小型・軽量なものは画質の犠牲を余儀なくされ、消費者にとっても選択の難しいところではあった。

筆者としては、そもそも去年までのソニーのビデオカメラはハイビジョン対応に置いてやや“小慣れていない”印象があった。

しかしここにきてフルハイビジョン撮影が可能で内蔵HDDに長時間の映像を撮り溜めることが可能な「SR12」、内蔵メモリとDVD、メモリースティックに記録が可能な「UX20」など意欲的なモデルが登場し、最終的に筆者の心を射止めたのは世界最小最軽量をうたったTG1だった。

TG1には8GBのメモリースティックPRO DUOが付属する。このメモリースティックに1920x1080の映像なら55分、1440x1080映像なら1時間55分~3時間まで撮影可能だ(両方ハイビジョン画質となる。詳細はここでは省かせていただく)。

特筆すべきはその小ささ。重量にして300g、容積にして190ccという小ささはビデオカメラというより大きめのデジカメという雰囲気である。
このサイズで光学10倍ズーム、電子式手振れ補正、撮影中の写真撮影など、中身はしっかりとビデオカメラなのだ。

しかしまぁ、当然ずっしりとした高機能モデルと比較すると犠牲にしている点もある。筆者としては動画撮影の常識が変わるくらいの衝撃を受けたモデルだが、「とにかく画質がよくないと」「長時間撮りためたい」と言ったユーザーであればコンセプトが合わない可能性がも高い。

というわけで、利点欠点織り交ぜて紹介することにしよう。