今年はPS3苦難の年だった。
販売台数はなかなか伸びず、注目作はなかなか揃わず…。早い段階で購入したユーザーは結構やきもきすることも多かったのではないだろうか。
しかし爆発的にヒットしたWiiや海外市場を牽引するXbox360を尻目に、PS3ユーザーにはある種の心構え的なものが備わってきているような気がする。
今回PS3の心構えのようなものを格言にしてみた。
中にはまったく格言ではないものも多いが、ユーザーの皆さん、これからユーザーになろうという皆さん、たぶんユーザーにはならないけど情報だけは収集してしまう皆さんにお届けしたい。

キラーは寝て待て

キラータイトルは気長に待とうという格言。
PS3の本体は『メタルギアソリッド4』が出たら買う、という『メタルギアソリッド4』待ちの人々は多い。同作を目当てに本体を購入した人々は「どうかXbox360で発売されませんように」と祈りながら待っているに違いない。少なくとも僕はそうだ。
しかし『ファイナルファンタジーXIII』待ちの状態になると、一体いつ本体を買えるのか皆目見当も付かない。
ので、まぁ、気長に待とう。

ゲーム機と思うと高い。AV機器と思うと安い

実感している人も多いと思うが、現在主に販売されているゲームハードの中では最も高価だが、AV機能を駆使する人にとっては激安と言っていいほどのコストパフォーマンスを発揮する。
Blu-rayDiscの再生、SACDの再生、DivXなどを含むDLNA対応、ウェブブラウジング対応など…。この辺に興味がある人なら買って損はしない。これはもう、断言してもいい。

本体を買うなら一緒に『DualShock3』も買うべし

記事中でも再三書いているが、PS3に同梱されるコントローラは振動しない。
PS、PS2のタイトルをプレイしても振動しないし、振動に対応したPS3タイトルも振動しない。
凄く損した気分になると思うので、同時に振動型コントローラ『DualShock3』を買っておいたほうがいい。

人はいつか裏切るんだ

『モンスターハンター3』の開発プラットフォームがPS3からWiiに変更になったとき、こう思った人は多いと思う。
マルチならともかくプラットフォーム変更は悲しすぎる。

登録前にUSBキーボードは用意しておけ

アカウントを取得するためにさまざまなデータを入力しなければならないが、意外に長文の入力を要求される。
パソコン用のUSBキーボードがそのまま使えるので、用意しておいたほうがストレスが少ない。


続いて、ブラウン管はバカにできない…などなど。