プレイステーション3の発売日が11月上旬に決定

 
いよいよ待ち望んでいたPS3発売の詳細が発表されました。ガイドの予言が当たったのか? …いえ、微妙に外してしまったんです。
先日「PS3が今春に発売されないこれだけの理由」という記事を公開し、真の発売日は年末、12月3日あたりではないか? と予想しました。

■関連ガイド記事:PS3が今春に発売されないこれだけの理由

はい。早速派手に外しました。

ということでソニー・コンピュータエンタテインメントが3月15日に開催した“PS Business Briefing 2006 March”にて、プレイステーション3(以下PS3)の発売延期を正式発表しました。

実際の発売日は11月上旬。全世界で同時発売ということになりました。日本においては事実上の発売延期ですが、日本での発売から半年ほど遅れて北米、欧州で発売されると見られていたため、そちらの地域の人たちにとっては発売時期が確定しただけと言えるかもしれません。

PlayStation.jp | プレスリリース

月産100万台体制を確立し、全世界で同時発売というのは凄いことです。
前回の記事でも少し触れましたが、製造業サイドから見て、月産100万台という数字はいろいろ恐ろしいことも考えてしまいます。このことはまた別の機会に説明しましょう。

さて、発表内容から判明した様々なことをわかりやすく説明していくことにしましょう。

○延期の理由はBlu-rayDisc、HDMIの規格制定の遅れである

○PS2との完全互換を果たす

○最新規格のBlu-rayDiscをサポートし、全てのタイトルをBD-ROMで供給

○60GBのHDDを搭載し、OSはLinux

では次のページでそれぞれを解説しましょう。

プレイステーション3は11月上旬に全世界同時発売:詳報 / ファミ通.com

SCEJ、デベロッパー向けカンファレンス「PS Business Briefing」開催

SCE、プレステ3の発売延期を正式発表--11月上旬に登場へ - CNET Japan

SCEI、「PLAYSTATION 3」発売を11月上旬に延期

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <PS3>発売を11月初旬に延期 次世代DVD規格遅れで