新橋駅をスタート

1
新橋駅をスタート
山手線の外回り沿いを歩くコース。今回は新橋駅から浜松町まで。このコースは、新橋駅からの山手線を追いかけていくと、行き止まりになってしまう。が、ゆりかもめを上に見ながら歩くと、山手線の高架が見えてくる。ここをくぐると、それまでとは違った形で山手線と平行して歩くことが出来る。なかなか興味深いコースだと言えるだろう。
スタートするのは新橋駅汐留口。鉄道唱歌のモニュメントやSLの動輪が展示されている。その向かい側が「ゆりかもめ」の新橋駅である。

高架下があるのは一箇所だけ

1
昭和を彷彿させる高架下
新橋駅より、浜松町へ向かうとすぐに高架下のお店を見つけることができる。烏森口と汐留口を結ぶトンネルになっているが、ここも昭和の香りが漂っている。しかし、残念なことに高架下のお店はこの一角だけで、この先、線路沿いを歩くことはできない。ここまでが神田駅からのイメージが続いていて、ここから先はまったく違った景色となる。
行き止まりなので、とにかく駅方面に戻り、トッパンファームズのビルのところを抜けていく。すると、神社が見えてくる。まだできたばかりというかんじである。ちょっとお参りしていこう。

こんなところに日比谷神社が

1
かつては日比谷にあった日比谷神社
幟(のぼり)をみれば、日比谷神社とあった。とりあえずお参りした。周辺は工事中のところも多い、シオサイトの一部分。こんな場所になぜ日比谷神社かわからぬままお参りをした。帰宅して調べてみたら、この日比谷神社というのは、もともとは現在の日比谷公園あたりにあったそうだ。それがまず、江戸城の拡張により、東新橋に移った。さらに明治になって、鉄道が敷かれることになり、それで西新橋に移転。そして、最近、道路拡張でまたまた移転し、ここに移ったのだそうだ。出来たばかりの日比谷神社のちょうど後側に山手線が走り抜けていく。

さあ、次ページで

山手線の外回り、新橋駅から浜松町駅まで歩く。新橋から山手線の姿はよくわからない。神田から続くガード下のお店がここで途切れるからだ。さらに「ゆりかもめ」のレールが空中に延びている。途中、「ステーキハウス梶」でランチを食べ、浜松町駅への1.5kmのコース。