ダーツ専門店でダーツの腕と“モテ力”を磨く

Bee UMEDA
ダーツ以外のゲームに楽しげな内装を施したダーツバーもいいけど、ダーツに集中するなら専門店が一番
最近はダーツやバックギャモンなどのテーブルゲームに、ピンボールなどを併設して、「夜の大人の遊び場」を演出する店が増えてきた。けれど、ダーツ専門となると、かなり数が限られてくる。

友人などを誘って、あれこれ楽しむならいいのだけれど、ひとりでじっくりダーツが楽しみたいだけなのに、ほかのゲームの音が気になって集中できない、なんて時もある。それにダーツはやってみたいけれど、どうも人前でやるほど、腕に自信がない、なんて人も多いのでは?そんなコアなダーツゲームプレーヤーにも、ダーツで目立ってみたい人にも、もってこいのダーツ専門店が、東京と福岡にオープンする。


従来のダーツバーとの違いとは?

ダーツバーKABURA KOKURA
内装は黒で統一し、目測を見誤るような派手な照明もない落ち着いた店内となっている
ダーツゲーム専門店を東京と福岡にオープンするのは、セガ ビーリンク。実はこのセガ ビーリンク、すでにダーツを取り扱うダイニングダーツバー「Bee」を全国に展開している。詳しくはコチラの記事をチェック

「Bee」はダーツをメインコンテンツとしているが、そのほかにもテーブルゲーム、カードゲームなどを取り揃え、なかには個室にダーツマシンとカラオケを完備する店などもあり、幅広いニーズに応える店舗となっている。

そんな「Bee」を手掛けるセガ ビーリンクが、ダーツに集中してプレーできる専門の1号店として、福岡は北九州市の小倉北区にオープンさせたのが「ダーツバーKABURA KOKURA」。そして12月20日には東京都の八王子市に2号店「ダーツバーKABURA HACHIOJI」がオープンする。複合施設がもたはやされる今、オープンさせた専門店の魅力はどこにあるのだろう。

>>ダーツ専門店の魅力とは?>>