■パチスロって目押しとかムズカシイ!?
ど~にも自分は、目押しというものがニガ手らしい。目押しとは、スロット台の回転する目を目で追い、停止させる技術。今パチスロ店で遊べるスロット台は、この技術が無いとほとんど勝負にならない。

目押しに動体視力が必要! なんて言うと大げさに聞こえる。確かに廻るドラムの目を覚えることも必要だけど、やっぱり素早く流れる目を捉える視力は必要なのが現状。

たま~にパチスロ店へ行くと、「目を止めてんかぁ~?」なんて頼み込んでくるオバちゃんもいるけど……

■ビデオスロットはタダの運任せ!?

まぁ、それだけ目押しはムズかしい。だけど、やっぱりココがパチスロの醍醐味。自分の目を頼りに、思い通りの出目を揃えた時の快感といったら……。これは病み付きになります。

ゲームセンターでお馴染みのスロットマシンにもオモシロさはある。だけど、出目をランダムに算出するデジタル画面のビデオスロットじゃ、そこに自分の技術は介在しない。

個人的にビデオスロットは、メダルをベッドするセンスが問われるゲームだと考えている。これは言ってみれば、カジノのルーレットみたいなセンスかな?

■脱・技術志向パチスロ=非・運任せビデオスロットとは?
ではゲームセンターに導入されるパチスロ台で、初心者にも楽しめて、ビデオスロットとも違うオモシロさを持つ台とはどんな台か? その答えは『サンダーV2』にあるような気がする。

先日、ロケテストとしてゲームセンターに登場したパチスロ台、『サンダーV2』をプレーしてみた。この台はパチスロ店に登場して間もない新機種で、そのゲームセンター版の登場の早さにちょっと驚かされた。

この台にはパチスロ店に導入される台の中でも珍しい機能をいくつか持っている。中でもパチスロ初心者注目の機能は、ズバリ! ナビ機能だ。