刺されると怖いクラゲ

SAFE SEA KIDS SPF30+
SAFE SEA KIDS SPF30+
子供や肌の弱い人、敏感肌の人におすすめのデリケートタイプ
SPF30+/PA++
118ml/1995円
※チューブタイプあり 50ml/998円
SAFE SEA サンプロテクトクールジェルSPF10+
SAFE SEA サンプロテクトクールジェルSPF10+
ひんやりと冷たいジェルタイプの日焼け止めで、塗った時にスーッとする
SPF10/PA+
50ml/998円
お盆を過ぎると海にはクラゲが出るといわれているが、今年は例年よりも早く7月から湘南をはじめ、全国でクラゲ被害が報告されている。できればクラゲには刺されたくないと思うと、海の中の脚をカバーするにはフルスーツやシーガルを着ることぐらいしか対処方法はなかった。あとはクラゲが大量発生していたら、海に入らない……というのも選択肢の一つだった。

以前、ハワイでクラゲに刺されたことがある。太腿から足首まで長く1本の線が赤く腫れ上がり、別の足や腕もところどころ刺されてブツブツと赤くなった。刺されてすぐにライフガードにシュッシュとスプレーをしてもらったら、わりとすぐに落ち着いた。しかし、しばらくはブツブツが消えずに痒みがあり、1日に何回もキンカンを塗って過ごした記憶がよみがえる。

クラゲに刺された時の主な症状は、刺された部分が赤く腫れる、痛みがあるの他、頭痛、吐き気、呼吸困難などが起こる。ひどいときはアナフィラキシーというショック状態に陥ることがある。刺したクラゲによって毒の組性、毒の強さが異なるので症状は違い、同じクラゲに刺されても人によって症状も異なる。何しろ、クラゲにはできるだけ刺されないようにするのが一番なのだ。

どうやってクラゲのいる海に入って、クラゲに刺されないようにできるのか? それにはセーフシー(SAFE SEA)が効果的だ。

>>セーフシー(SAFE SEA)とは?>>