ボディボード、厚さ選びのポイント

身体とボードの厚さのバランス
標準的なボードの厚さ
初心者にとってはある程度の厚みがあり、浮力のあるボードの方がテイクオフがしやすい。ただし、テイクオフだけを見れば浮力がある方がいいのだが、その先のステップアップを考えるとあまりにも浮力がありすぎるのもよくない。浮力があるということは、レールを入れにくくなるので、ボードのとり回しがしにくくなる。

テイクオフがスムーズに出来るようになり、そこからレギュラーやグーフィー方向へと進み、ボトムターンをしようとすると……ここでレールが大事になってくる。ボトムターンの際には、レールをしっかりと波の面に入れる必要があるのだが、浮力がありすぎるとレールがうまく波に入らなくなってしまう。

いま使っているボードではどうしてもテイクオフがうまく出来ないという悩みがある時には、今のものよりも少し厚めのボードを選んでみよう。逆に、テイクオフはできるけれどもボトムターンでレールがうまく入らないという人は、少し薄めのボードにしてみることでスムーズなターンが理論的には出来るようになるはず。

一番気をつけることは、ショップでボードを選ぶ際には、極端に厚いボードや薄いボードは避けること。たまに極端なボードを見かけるので、それだけは注意しよう。何度もアドバイスしているが、やはりボディボードに詳しい人にアドバイスを受けながら選ぶことが大事である。

厚さについては長さほどシビアな違いはないが、どうしてもこだわりたいということであればフルオーダーがおすすめ。ただし、初心者であればまずは取り扱いやすい一般的なボードで波乗りをして、ある程度技術が伴った段階でオーダーのボードに移行するというのがベスト。

それでは次回もお楽しみに。



<関連リンク>
初心者向けボディボード(幅)の選び方
初心者向けボディボード(長さ)の選び方
tips for ビギナーズ:ボード編(1)ボードのサイズ選びの目安
ルアナサーフデザイン“カノウボディボード”

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。