ボディボードをするのに一番大切な基本姿勢。
しっかり頭に入っていますか?
自分の基本姿勢に自信がもてますか?
小池葵プロによる基本姿勢の写真を元に、しっかりマスターしましょう。

基本姿勢~正面~

基本姿勢正面
テイクオフをしたら、まずはこの基本姿勢をとって波の斜面をまっすぐに滑ってみよう。
●肋骨を左右に開くようなイメージで胸をしっかり張って、肩の力を抜く。可能であれば上半身全体(恥骨より上)をしっかりと持ち上げる。
●肘の角度は90度で手、肘、肩のラインが1本になるようにする。
●太ももをボードの上にきっちりと乗せて、つま先が水面ギリギリになるくらいまで持ち上げる。
●あごを引いて、自分の行きたい方向を見る。

ただしキッキング時にこの姿勢をしていると足が水面に浮いてしまい、水面をバシャバシャと蹴ってしまうので少し身体の位置をずらす必要がある。
肘の角度が鈍角(120~140度)になるように少し身体全体を後ろにずらして、太ももの付け根から下が水面下に入るようする。
こうすることで太ももから爪先まで足全体を使って水をしっかりと捕らえることができ、推進力がアップする。


基本姿勢~横~

基本姿勢横
この写真を見て、基本姿勢の重要なポイントを再チェック。
肘の角度が90度に保たれて、肩の力が抜けているのがわかる。
腰~頭の先までが一直線になっている。
太もも全体がボードの上に乗り込み、足全体を持ち上げている。

→基本姿勢の全体像がつかもう