パウダー入門の最後は、豪快なスプレーを撒きあげて終わりましょう!ということで、「バックサイド・スプレー」に続き、今回はフロントサイド・スプレーです。はじめはフロントサイドの方がノーズがつまり易く難しいかもしれませんが、大きなスプレーをあげて最高のターンをしている自分を常に頭に思い浮かべながら、根気よく何度もチャレンジして少しずつ経験を積み重ねていきましょう!

フロントサイドターンでスプレーを撒きあげよう!

画像の代替テキスト
【1】→               【2】↓
まずはコース脇を滑って自分がコントロールできるだけのスピードをつけ、パウダーエリアへGO!なるべく誰も滑っていないノートラックな場所を見つけてフロントサイドターンへ!

画像の代替テキスト
↓【4】                ←【3】
アプローチのスピードが速ければ速いほど、こんな感じで体を倒しながら大きなターンをすることができます。ボードと体が垂直になり、しっかりと後ろ足でボードの全面を踏みつけているのがわかります。

画像の代替テキスト
【5】↓
フロントサイドは、ターンの後半にノーズをつまらせ易いので要注意!

画像の代替テキスト
【7】                ←【6】
後ろ足の踏み込みを解くと同時に膝を抱え込み、跳ねるようにエッジの切り替えをしたら、お次はバックサイドターンへ!豪快なスプレーを撒きあげながら、好きなラインでパウダーライディングを存分に楽しみましょう!


パウダーライディングは、スノーボードの醍醐味の1つ。まずは仲間と騒ぎつつコース脇のパウダーに突っ込みましょう!そして、ライディングの上達、経験の蓄積と共に少しずつステージを上げていきましょう。上手くなれば上手くなるほどに、求めれば求めるほどに、その気持ち良さは長~く、深~くなります。

それでは次回もお楽しみに。

<関連リンク>
スノーボードの滑り方

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。