パウダー入門の最後は、豪快なスプレーを撒きあげて終わりましょう! ハイスピードからのパウダーターン。足下に感じる柔らかな雪、独特の浮遊感を味わいつつも、その抵抗を打ち消すように思いきり後ろ足を踏み込む! まるでスプレーのように豪快に撒き上がるパウダーの雪煙を浴びながら次のターンへと向かうその顔には、誰もが満面の笑みを浮かべずにはいられない。

まずはバックサイドスプレーからどうぞ!

バックサイドターンでスプレーを撒きあげよう!

画像の代替テキスト
                    ↓【2】                      ←【1】
コースを滑って得たスピードをそのままに、コース脇にふき溜まったパウダーエリアに突入!

画像の代替テキスト
                    【3】→                      【4】↓
アプローチのスピードが速ければ速いほど、ライディング姿勢(基本姿勢)が安定していれば安定しているほど、後ろ足を強く大きく踏み込める。

画像の代替テキスト
【5】↓
雪の軽さや、浮力の反発を感じつつ、後ろ足を踏み続ける。

画像の代替テキスト
                    【6】→                      【7】↓
気持ち良さにまかせて後ろ足を踏み過ぎても、その後のスピードをロスしてしまう。踏み込みを解くタイミングは、「スピードの維持」を意識することで自ずとわかってくる。

画像の代替テキスト
                    ↓【9】                      ←【8】
後ろ足の踏み込みを解くと同時に起こる、押さえつけられた浮力が反発する力を上手く利用して膝を抱え込み(写真8)、ターンを切りかえをする。

画像の代替テキスト
                    【11】                     ←【10】
そのままフロントサイドターンをするも良し!一旦コースに出てまた次のノートラックを狙うも良し!たまには自分の滑ったラインを振り返り、ニヤニヤするのを忘れずに(笑)


それでは、次回「フロントサイド・スプレー」もお楽しみに!

<関連リンク>
スノーボードの滑り方

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。