文章:日色 裕二(All About「スノーボード」旧ガイド)
画像の代替テキスト
まずはスケーティングを覚えて、ゲレンデをスイスイ移動しよう!
そろそろ寒くなりだし、スノボ好きには気もそぞろな季節。そこで今回から、本格的な冬到来の前にスケーティングの基本から始めて、徐々に滑り方の基本を解説していこうと思います。

「はじめてのスノボ講座」の第1回目は、「スケーティング」。ゲレンデに降り立って、柔らかく冷たい雪の感触、雪山の広大な景色、空気のおいしさを存分に楽しんだら、さっそくスノーボードを始めましょう!

まずは平らで広い場所を選んで、スケーティングから覚えます。「スケーティング」とは、前足だけバインディングを装着して、後ろ足で雪面を蹴ることで前にボードを走らせて滑ることです。ゲレンデの平らな場所の移動や、リフトの乗り降りの時には必ずこのスケーティングをするので、しっかりとできるように練習しましょう!

バインディングの付け方

まずは前足のバインディングを装着します。付け方は下記の手順になります。

画像の代替テキスト
  • 1、バインディングにブーツをはめ込みます


画像の代替テキスト
  • 2、先にアンクルストラップ(足首側にある太いストラップ)を付け、しっかりと固定します。


画像の代替テキスト
  • 3、次にトゥーストラップ(つま先側にある細めのストラップ)を付け、しっかりと固定します。


画像の代替テキスト
  • 4、しっかりとボードとブーツが固定されれば大丈夫。



スケーティング

前足にバインディングを装着したら、さっそくスケーティングをして、雪の上でボードを滑らせてみましょう!

画像の代替テキスト
前足にバインを付けたらバランスよく立つ。
  • 1、まずはバランス良く立つ
    前足をバインディングに装着したら、後ろ足をつま先側に置いて、まずはしっかりとバランス良く立ちます。


画像の代替テキスト
後ろ足で地面を蹴りだす
  • 2、後ろ足で地面を蹴る
    つま先側に置いた後ろ足で地面を蹴って、ボードを前に滑らせます。


画像の代替テキスト
目線は常に進行方向に!
  • 3、目線は常に進行方向を見ること
    目線は常に進行方向を見ること。蹴ることに気をとられて、足下ばかりを見ないように!


画像の代替テキスト
蹴ったら前足重心で滑る
  • 4、蹴ったら上半身は前足の上に
    蹴った後は、前足1本でボードに乗って滑るような感覚です。前足1本で立てるくらいのバランス感覚になります。


画像の代替テキスト
2歩目を蹴りだす
  • 5、2歩目を蹴りだす
    平たんな場所では一歩ではあまり進まないので、2回、3回と蹴りだしスピードをつけます。


画像の代替テキスト
強く蹴ればそれだけ進む
  • 6、強く蹴りだす
    早く進むためには、一歩を強く蹴りだし、前足でバランスよくボードに乗れることが大切です。


画像の代替テキスト
スピードにのってきたら
  • 7、スピードにのる
    何度か後ろ足で蹴るとスピードがついてきます。


画像の代替テキスト
写真は中途半端ですが、バインの間に足を置いて惰性で滑る
  • 9、前後のバインディングの間に後ろ足を置いて滑る
    ある程度スピードがついたら、後ろ足を前後のバインディングの間に置いて滑ります。そしてスピードが遅くなってきたら、また蹴って、スピードがついたら乗せてを繰り返します。



スケーティングのポイント

画像の代替テキスト
上半身がしっかりと前を向いているのがわかりますね。膝もやわらかく使いましょう。
  • 上半身をしっかりと進行方向に向ける
    目線が進行方向を向いていても、上半身が横を向いたままでは、後ろ足を強く蹴りだすことができません。目線といっしょに、上半身(肩)も進行方向に開いてみましょう。前足重心でのバランスも取りやすく、後ろ足も断然蹴りやすくなります。


画像の代替テキスト
しっかりと前足重心でボードに乗って滑っているのがわかりますね。
  • 前足1本で立てるくらいに前足重心
    写真を見ると、後ろ足を蹴りだした後、前足1本でボードに乗って滑っているのがわかりますね。頭が前足より前に来て、上半身全体は前足の真上にあります。この「前足重心」こそがスケーティングがうまくなるコツです。

    逆に言えば、スノーボードに慣れないころは、ボードの上でこのようにバランスを取ることが難しく、うまくいかないとも言えます。スケーティングを頭で理解したら、あと実践あるのみです。慣れればすぐに出来るようになるので、どんどんトライしていきましょう!

>>次ページは「ビギナーによくある失敗」を解説!>>