トップターンは、サーフィンの基本テクニックの一つ。名前の通り、波のフェイスをかけあがり、トップ部分でサーフボードを返すテクニックです。波をよく観察し、サーフボードを上手に導くことができればメイクは決まるでしょう。実際にどんなテクニックかご紹介していきます。

トップターンを実践してみる

topt1
波を先読みしサーフボードを導くのがポイント
実際にトップターンの動きを見ていきましょう。まずはボトムターンから、波のトップに向かいます。右画像では、視線が波のトップに向いています。それが正しい視線。

topt2
波をよく見て、タイミングを計るのもポイント
続いて波とのタイミングを計算して波に乗っていきます。波をよ~く観察しましょう。

topt3
波のトップに上がりすぎないように
波のトップに上がりすぎる前に、体はサーフボードを返す体勢に。後ろ足に体重が移り出しているのがわかりますか?

topt4
後ろ体重になりがちですが、力まずリラックス
上半身もサーフボードを返す体勢に入っていきます。

topt5
右腕を前に出して体をひねりやすく
ちょうどいい位置で、サーフボードを返していきます。このとき、体重は後ろへ移動しています。右腕を前に出すことで体がひねりやすくなり、サーフボードが返しやすくなります。

topt6
視線は既に次のセクションへ
キレイにサーフボードが返りました。この時点では、後ろ足に体重が乗っていますが、サーフボードが返ったら再び前足に体重移動し、次に繋げます。

topt7
前足に体重が乗り、次のセクションへ
スプレー(サーフボードから出ているしぶき)も、飛んでいていい感じ。画像のようにターンできれば、うきうきですよ。

サーフボードを上手に返すのは、なかなかうまくいかないでしょう。サーフボードと一緒に返すのではなく、体が先に返す体勢に入るということを覚えておいてください。あと、スピードも大切。

今回のトップターンは、サーファーによってスタイルや乗り方が違うこともあります。自分のスタイルを極めてみてください!

協力プロサーファー:善家尚史

nao_pro
善家尚史(ゼンケナオフミ)
生年月日: 1986年 1月20日
スタンス:レギュラー
ホームブレイク:鵠沼海岸、湘南
湘南鵠沼をホームグラウンドとし活躍する。2005年のJPSAプロアマ最終戦でクオーターファイナルへ進出し、プロへ転向。その他、多くの大会に参加し好成績を残す。



<関連リンク>
善家尚史ブログ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。