湘南は、ご存知の通り相模湾の中に位置します。外洋のウネリはなかなか届かないこともあり、スモールコンディションが多いのですが、台風や大きめの低気圧など、しっかりとしたウネリは湘南の海岸に到達するまでに相模湾内できれいに整い、クオリティの高い波が届くこともたくさん期待できます。

一方、前日には頭以上の波があったのにも関わらず、次の朝には「ヒザ……」なんてことも湘南ではよくあることなのです。これを「湘南マジック」なんて言ったりもします。

今回ご紹介する鵠沼海岸は、夏は海水浴場としてもとても有名なビーチ。サーファー人口も夏場はものすごい人数で盛り上がります。海岸は134号線に面し、たくさんのサーフショップ、ファーストフードなどがあり、サーファーはもちろん、サーフィンをやらない人でも十分に楽しめます。もちろん駐車場もしっかりと完備。

なにより天気の良い夕方には、富士山方面に沈む夕日が最高のロケーションを作り出します。そんな鵠沼海岸のサーフポイントを紹介しましょう。

鵠沼のサーフポイント1 引地川河口

kuge1
地形が決まればロングライドも!
まずは引地川河口。名前の通り河口なので砂が常に付きやすく、スモールコンディションでもサーフィンが可能なポイント。河口から東側のビーチはブレイクさえしていれば、スモールコンディションでもロング中心にサーフィンが可能でしょう。河口の地形がしっかりと決まれば、ロングライドが可能になり、波が良くなるに従ってローカル色も強くなるそんなポイントです。


鵠沼のサーフポイント2 マクドナルド前

kuge2
砂が付きやすくコンスタントにサーフィンができるポイントでもある
引地川河口の東側(江ノ島方面)に位置するポイント。名前の通り鵠沼海岸のマクドナルドの前のポイントです。目印は近くに銅像があること。ここは、大きな駐車場があり混雑しやすい。河口同様に地形次第でロングライドも可能で、スモールコンディション時は初心者サーファーの練習や、サーフィンスクールもよく目にします。ただし、本当に混雑するので注意して海に入りましょう。

鵠沼のサーフポイント3 プールガーデン前

kuge3
夏場は大変混み合うポイントの一つ
引地川河口の西側に位置するポイント。現在、プールガーデンはスケートパークとなってます。地形の変化が河口から東側に比べ比較的激しいが、地形が決まれば、多くのローカルサーファーで賑わうポイントでもあります。夏には毎週のようにコンテストやイベントが開催され、サーフィンエリアも規制されることが多いので注意が必要。よく情報を確認して海に向かうといいでしょう。

鵠沼のサーフポイント4 半チャン前

kuge4
地形次第で十分に遊べるポイント
さらに西に行ったポイントの半チャン前は、船が目印。夏場の地引き網などの影響で地形が決まったりもするポイント。夏場は地引き網を毎週末行ってるので、くれぐれも漁師さんの邪魔をしないようサーフィンしてください。地形が決まるとローカル色も強いポイントでもあるので、ビジターは注意が必要になるでしょう。


いかがでしたか? いくつか鵠沼海岸の有名サーフポイントをご紹介しました。他にも細かくポイントの名前があったりもします。鵠沼海岸は、サーフィンを始めるのにとても適したビーチがたくさんあり、ビギナーから上級者まで幅広くサーフィンができるそんな海岸。ただ、昔から鵠沼を大切にしているローカルサーファーはたくさんいます。海岸清掃ボランティア団体やサーフショップの方など、鵠沼海岸を大切に思うサーファーがたくさんいることをお忘れなく。

どこの海でも同じことが言えますが、ルール、ビーチクリーン、マナー、ローカルをリスペクトするなど、しっかり守るようにサーフィンすることを心がけましょう。



<関連リンク>
サーフィンレップス

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。