海に入っていると、耳栓を付けてサーフィンをしているサーファーをよく見かけます。海水温の低い地域でサーフィンをするサーファーは、日々の積み重ねで徐々に耳に負担をかけています。サーファーズイヤーも心配……。今回は、そんな大切な耳を守るアイテム「YES EAR」(耳栓)をご紹介しましょう。

サーファーズイヤーとは?

yes1
特に寒い冬、耳を保護することは大切
yes2
YES EAR(耳栓)¥2289-(税込)
サーファーズイヤーは、冷たい海水などが耳に長時間入っていると、水の侵入を防ごうと外耳の軟骨が出っ張ってきます。この症状が悪化してくると耳の穴が小さくなってしまい、水が抜けにくくなるのはもちろん、音まで聞こえにくくなってしまいます。これがサーファーズイヤー。サーファーズイヤーにならないための一番簡単な対策は、耳栓です。


YES EAR(耳栓)を実際に装着してみる

yes3
とても柔らかい素材で出来ている
YES EARは右左の区分はないので、どちらに装着してもOK!

yes4
デザインもGOOD!
まず、右画像の角度になるように耳栓を掴みます。

yes5
画像のように装着することで騒音も軽減
耳に半分くらいまで入れてから、頭の後ろに向けて90度ほど回転させながら耳の穴に押し込みます。


yes6
しっかりと耳に装着
画像のようにしっかりと耳に収まれば装着完了!これで安心してサーフィンが出来ます。

yes7
カラーも4色と豊富
YES EARのカラー。左からホワイト、ブルー、ブラック、ピンクとお好きなものをどうぞ。

yes8
2種類のサイズを用意
耳の穴の大きさに合わせてSmall12mmとLarge14mmを用意。抗菌効果で耳にも安心の耳栓なのです。

海から上がって耳の海水が抜けづらい……、そんな方には耳栓をおすすめします。早めの対策で自分の耳を守っていつまでも楽しいサーフィンライフを!



<関連リンク>
Hot Gecko

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。