どんなスポーツにもルールがあり、サーフィンにも当然存在します。しっかりと理解しないと、トラブルの原因にもなります。「知らなかった」ではすまされないので、きちんと把握しておいてください。今回はドロップインを実例に紹介していきます。

ドロップイン、トラブルになりがちな実例

drop1
進行方向と反対を確認すれば、前乗りの心配は減る
ドロップインとは、やってはいけないルールのひとつ。画像左のサーファーは、まったく右のサーファーを確認していなかったため、波に乗ってしまっています。こんなとき、「邪魔した!」となってトラブルになってしまいます。
drop2
十分に距離がありますが、あっという間に追いつかれます
すでにテイクオフしているサーファーがいるのに、画像左のサーファーは気づいてない様子。十分な距離が空いていますが、サーファー上級者は簡単に抜けて追いつかれてしまうので、絶対に波に乗らないようにしましょう。確認することを忘れすに!
drop3
良いところからパドリングを始めたサーファーに波を譲りましょう
画像のように混んでいるピークでは、壮絶な波のとりあいが発生します。すでに滑り出しているサーファーがいたら、周囲のサーファーは次の波を狙いましょう。この波にパドリングしても、邪魔をしてしまいライディングの妨げになってしまいます。


トラブルを避ける方法

drop4
右サーファーがライディングを開始しています。左サーファーはすみやかに避けるようにします
もし誤って波に乗ってしまった場合、サーフボードに立つ前に波から外れましょう。そうすればトラブルも防げます。実際にどのように避けるか以下で紹介していきます。
drop5
サーフボードのテール側に体重を乗せて…
波をしっかり見て避けていきます。サーフボードは両手でしっかりと持ち、絶対に手放したりしないように。放してしまうとサーフボードだけが波にのり、奥から来ているサーファーにぶつかってしまいます。
drop6
波の裏側に抜けていきます
波の裏に向かっていきます。右側のレールを波に食わせて、プルアウトの要領で抜けます。 
drop7
波の裏側に出ることができ、衝突を回避できました
波の裏側にしっかりと行き、後ろから波に乗ってきているサーファーに道を譲ることができました。一番いいのは波に乗る前に気づくことですが、サーフィンをしていると誰もが無我夢中。なかなか気づかないこともあるのです。「邪魔しちゃったな……」と思ったら、すみませんと一言、声をかけることを忘れないようにしましょう。

サーフィンは、波のサイズにより相当ハードスポーツに仕上がってしまいます。ハードコンディション時は周囲に気を遣うことができず、トラブルもおきがち。もしドロップインをしてしまった場合は、謝ることを忘れずにしましょう。



<関連リンク>
電撃サーフィン


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。